訃報をスルー…和田アキ子「川島なお美さんと不仲」の真相

公開日: 更新日:

 9月24日に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)の通夜と葬儀・告別式が営まれた。両日とも大勢の関係者やファンが参列し、最後はひつぎが乗った霊柩車を拍手で送り、故人を偲んだ。

 そんな中で関心を集めた人がいる。和田アキ子(65)である。芸能界の“ゴッド姉ちゃん”として多くのタレントに慕われ、人一倍情に厚い人だが、川島さんへのわだかまりが亡くなる前から話題だったためだ。

 通夜、告別式には多くの芸能プロ、タレントが供花を送ったが、斎場に和田の名札は見当たらなかった。生前の付き合いにもよるし、所属事務所は違うので、なくても何らおかしくないのだが、実は9月7日、川島さんがシャンパンのイベントで久々に姿を見せた時から、和田はきつい物言いだった。まず13日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)。

「川島は胸元が大きくあいたノースリーブのドレス姿で登場し激やせが話題になったのですが、和田は“あんなドレスを着てこなきゃいいのに”といったコメントをしたので、あびる優が“長い手袋をしてるよ”とフォロー。しかし、和田がさらに“鎖骨が……”と何度もいうので、スタジオはドン引き状態でした」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    海外投資家の動きに異変…12月12日・15日は株価暴落に警戒

  2. 2

    安倍首相にまた体調悪化説…自民党議員が口にする異例ぶり

  3. 3

    佐々木朗希は人生初 ロッテ寮生活に2人の先輩ドラ1が助言

  4. 4

    たけしは店に来て店員と居合わせた客全員にご祝儀を配った

  5. 5

    宮内庁長官に元警察官僚 “安倍官邸ポリス”跋扈の恐ろしさ

  6. 6

    酒井法子“5億円豪邸”略奪愛疑惑 新恋人には内縁の妻がいた

  7. 7

    両山口組「特定抗争指定」へ “食い詰めヤクザ”年末暴発か

  8. 8

    G小林が年俸1億円突破 スタメン減でも4000万円増の意味

  9. 9

    林遣都「スカーレット」で絶賛 おっさんずラブ蹴って正解

  10. 10

    「FNS歌謡祭」で“声の差”が 薬師丸ひろ子と中山美穂の明暗

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る