訃報をスルー…和田アキ子「川島なお美さんと不仲」の真相

公開日:  更新日:

 9月24日に胆管がんで亡くなった川島なお美さん(享年54)の通夜と葬儀・告別式が営まれた。両日とも大勢の関係者やファンが参列し、最後はひつぎが乗った霊柩車を拍手で送り、故人を偲んだ。

 そんな中で関心を集めた人がいる。和田アキ子(65)である。芸能界の“ゴッド姉ちゃん”として多くのタレントに慕われ、人一倍情に厚い人だが、川島さんへのわだかまりが亡くなる前から話題だったためだ。

 通夜、告別式には多くの芸能プロ、タレントが供花を送ったが、斎場に和田の名札は見当たらなかった。生前の付き合いにもよるし、所属事務所は違うので、なくても何らおかしくないのだが、実は9月7日、川島さんがシャンパンのイベントで久々に姿を見せた時から、和田はきつい物言いだった。まず13日の「アッコにおまかせ!」(TBS系)。

「川島は胸元が大きくあいたノースリーブのドレス姿で登場し激やせが話題になったのですが、和田は“あんなドレスを着てこなきゃいいのに”といったコメントをしたので、あびる優が“長い手袋をしてるよ”とフォロー。しかし、和田がさらに“鎖骨が……”と何度もいうので、スタジオはドン引き状態でした」(マスコミ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  2. 2

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    「ストライクが入らない」フランスアは高知で泣いていた

  5. 5

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  6. 6

    小池都知事「築地守る」の公約違反 跡地にカジノ誘致構想

  7. 7

    首相の姓を? 永田町に飛び交う新年号に「安」採用プラン

  8. 8

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  9. 9

    “第2のサンゴ虚報事件”で思い出す安倍首相の朝日新聞批判

  10. 10

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

もっと見る