日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妻はがん、夫は目の病…川島なお美夫妻に訪れた“正念場”

 川島なお美(53)夫妻にとって最大の“危機”かもしれない。
 川島が肝内胆管がんを患い、極秘手術を受けていたことが発覚した。発売中の写真誌フラッシュによると、川島が1月下旬に都内の大学病院のVIP室に入院し、12時間に及ぶ手術を敢行。そのまま2週間ほど入院し、先月上旬に退院したという。

 肝内胆管がんは肝臓内にある部分の胆管にがんができる病気で、早期発見で手術すれば助かる可能性が高い。川島は、負担が少ない腹腔鏡下手術を受けて成功し、すでに仕事にも復帰している。そのプロ意識はお見事だが、川島の周辺には他にも不安が山積みだ。

 一昨年2月、夫でパティシエの鎧塚俊彦氏(48)が網膜中心静脈閉塞症を患い、左目を4回も手術している。目の奥の血管が詰まって失明の可能性もある病気だけに、仕事に影響しかねない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事