坂本冬美がXmasライブで14曲熱唱 デビュー30周年に弾み

公開日: 更新日:

 歌手の坂本冬美(48)が24日、東京・渋谷区のけやきホールでスペシャルクリスマスライブを開催した。これは「Love Songs」と銘打った大ヒットシリーズの最終章となる第6弾アルバムの発売を記念して行われたもの。参加したのは150人。アルバムを購入した人の中から抽選で選ばれたそうだが、応募総数は約3000通だったというから驚きだ。

 ショーでは、同アルバムからザ・ピーナッツの「情熱の花」をはじめ、「砂に消えた涙」「雪が降る」「悲しき雨音」、そしてヒット曲「また君に恋してる」など全14曲を熱唱。アンコールの最後では、11月下旬から焼酎「いいちこ」のCMとしてオンエアされている「片想いでいい」を初披露した。

 来年はデビュー30周年のメモリアルイヤー。そのリリース第1弾として1月20日には「『道』~坂本冬美30周年記念オールタイムベスト~」の発売も予定。「また新たな気持ちで頑張っていきたい」と決意を語っていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    近藤春菜がレギュラー“ゼロ” 仕事激減に「2つの大誤算」が

  2. 2

    稲見萌寧の発言は残念…プロは機会があれば海外挑戦すべき

  3. 3

    愛着薄い? 小池女帝「東京五輪返上」6.1ブチ上げの公算

  4. 4

    自民党はまるで「粗忽長屋」死に絶えてしまった政府の知性

  5. 5

    まだやっとったん大阪“見回り隊” 民間委託崩壊で2億円パア

  6. 6

    「五輪中止を」署名25万筆超!政府無視なら次はスポンサー

  7. 7

    ぼったくり男爵より危うい 五輪開催に暴走する政府の狙い

  8. 8

    眞子さまを早く結婚させてしまいたい官邸と宮内庁の本音

  9. 9

    眞子さまは小室家に嫁いで大丈夫?「育ち」を見極める言動

  10. 10

    福山雅治はNHK出演も語らず 自身の“家族の物語”は謎だらけ

もっと見る