ゲス川谷は疫病神? 関わったSMAPと山Pにも“災い”と話題

公開日: 更新日:

 SMAP解散スキャンダルにかき消された感のあるベッキー(31)の不倫騒動だが、そんなムードに水を差すような、妙な指摘がネット上で話題になっている。

 ベッキーの芸能活動に大ダメージを与えた不倫相手「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)が、過去に関わったほかの人物にも災いをもたらしている、というのだ。解散騒動の渦中にあるSMAPと、元NEWSの山下智久(30)のことである。

 川谷は、昨年9月に発売されたSMAPの最新シングルの2曲目「愛が止まるまでは」の作詞・作曲を担当。昨年8月にツイッターで「運命を感じます」とツイートしていたが、それから半年もたたないうちに今回の解散騒動が起きた。

 さらに、2014年10月に発売された山下のアルバムの11曲目「戻れないから」の作詞・作曲も手がけたが、その発売から13日後、山下は同年6月に起こした事件(東京・六本木の路上で口論になった相手の携帯電話を持ち去ったことによる器物損壊の疑い)で書類送検されている。

 オカルトめいた話ではあるが、ベッキーと出会った当初、妻の存在を隠していた川谷の“行い”が招いた風評か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  2. 2

    親から勘当状態…近江アナ“15歳差婚”で生じたわだかまり

  3. 3

    安倍首相が承認に前のめり “アベ友薬”アビガンに黄信号

  4. 4

    ハワイ新婚旅行で事務所から自粛要請 約束破れば全体責任

  5. 5

    黒川氏辞任は身内の司法取引 東京高検“ルール”なら3アウト

  6. 6

    守護神辞任で…官邸が次の検察トップに据えたい“ミニ黒川”

  7. 7

    見限られた日本のカジノ構想 世界一の業者が豹変した背景

  8. 8

    命運尽きた安倍首相 逮捕か総辞職か野垂れ死にか

  9. 9

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  10. 10

    NHKドラマで復活 東出昌大が復帰に動き出せた3つの理由

もっと見る