日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゲス川谷は疫病神? 関わったSMAPと山Pにも“災い”と話題

 SMAP解散スキャンダルにかき消された感のあるベッキー(31)の不倫騒動だが、そんなムードに水を差すような、妙な指摘がネット上で話題になっている。

 ベッキーの芸能活動に大ダメージを与えた不倫相手「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)が、過去に関わったほかの人物にも災いをもたらしている、というのだ。解散騒動の渦中にあるSMAPと、元NEWSの山下智久(30)のことである。

 川谷は、昨年9月に発売されたSMAPの最新シングルの2曲目「愛が止まるまでは」の作詞・作曲を担当。昨年8月にツイッターで「運命を感じます」とツイートしていたが、それから半年もたたないうちに今回の解散騒動が起きた。

 さらに、2014年10月に発売された山下のアルバムの11曲目「戻れないから」の作詞・作曲も手がけたが、その発売から13日後、山下は同年6月に起こした事件(東京・六本木の路上で口論になった相手の携帯電話を持ち去ったことによる器物損壊の疑い)で書類送検されている。

 オカルトめいた話ではあるが、ベッキーと出会った当初、妻の存在を隠していた川谷の“行い”が招いた風評か……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事