G・ルーカスが酷評「スター・ウォーズ」絶好調のカラクリ

公開日: 更新日:

 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の北米興行収入が8億ドルを突破。世界興行収入は18億ドルに達し、歴代3位となっている。

 全権利をディズニーに売却し、本作から現場を離れて見守る形になったシリーズ生みの親ジョージ・ルーカスもさぞ満足かと思いきや、意外にもそうではなかった。米CBSの報道番組のインタビューに答える形で、この新作と配給会社ディズニーへの不満をぶちまけて話題になった。ルーカスは自分が手掛けた脚本案をディズニー側に却下されたと暴露。これまで同様、革新的なモノを作りたかったルーカスの意向を無視して「懐古趣味の映画を作ろうとしていた」ことで決裂、プロジェクトから去ることを決めたのだという。

「さもありなんです。ルーカスは不十分な製作費を創意工夫でカバーして映画革命的な1作目を作った生粋のクリエーター。新3部作でも周囲の批判をもろともせず、当時最新鋭のCGなどデジタル技術を採用、アナログな旧3部作のイメージを一新しました。そんな彼が、オリジナルの焼き直しとの批判が根強い最新作を気に入らないのは理解できます」(映画批評家の前田有一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    山口ポスティングでメジャー移籍へ 巨人初容認4つの裏事情

  2. 2

    安倍首相が墓穴 桜を見る会夕食会弁明で法律違反を正当化

  3. 3

    出所の高山若頭が人事で動き回り「山口組3派」は荒れ模様

  4. 4

    安倍首相11.20退陣説 「桜を見る会」疑惑で政界の空気一変

  5. 5

    沢尻エリカ出演辞退か 浜崎あゆみ「M」ドラマ化が暗礁に

  6. 6

    残留も視野って…筒香、菊池、秋山の低すぎる米挑戦への志

  7. 7

    G山口ポスティング決定も評価辛口 年俸1000万円の可能性も

  8. 8

    メジャー挑戦 球界No.1二塁手広島・菊池涼介の意外な評価

  9. 9

    根強く残る人種差別 W杯優勝の南アフリカ代表“美談”の裏側

  10. 10

    ラグビー日本代表 2023年W杯への若手育成阻む「2つの壁」

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る