G・ルーカスが酷評「スター・ウォーズ」絶好調のカラクリ

公開日:  更新日:

 映画「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」の北米興行収入が8億ドルを突破。世界興行収入は18億ドルに達し、歴代3位となっている。

 全権利をディズニーに売却し、本作から現場を離れて見守る形になったシリーズ生みの親ジョージ・ルーカスもさぞ満足かと思いきや、意外にもそうではなかった。米CBSの報道番組のインタビューに答える形で、この新作と配給会社ディズニーへの不満をぶちまけて話題になった。ルーカスは自分が手掛けた脚本案をディズニー側に却下されたと暴露。これまで同様、革新的なモノを作りたかったルーカスの意向を無視して「懐古趣味の映画を作ろうとしていた」ことで決裂、プロジェクトから去ることを決めたのだという。

「さもありなんです。ルーカスは不十分な製作費を創意工夫でカバーして映画革命的な1作目を作った生粋のクリエーター。新3部作でも周囲の批判をもろともせず、当時最新鋭のCGなどデジタル技術を採用、アナログな旧3部作のイメージを一新しました。そんな彼が、オリジナルの焼き直しとの批判が根強い最新作を気に入らないのは理解できます」(映画批評家の前田有一氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    売り込みは好調も…河野景子“豪邸ローン2億円”の逼迫台所

  2. 2

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  3. 3

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  4. 4

    参院選まで半年…野党共闘を阻む立憲・枝野代表の背信行為

  5. 5

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  6. 6

    毎勤不正で新疑惑「数値上昇」の発端は麻生大臣の“大号令”

  7. 7

    NGT48メンバー暴行事件を追及 “敏腕ヲタ記者”の評判と執念

  8. 8

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  9. 9

    NGT暴行事件の黒幕か アイドルハンター“Z軍団”の悪辣手口

  10. 10

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

もっと見る