映画「クリード」振るわないなぜ? 興収はSWの30分の1

公開日: 更新日:

 正月興行は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が本領を発揮した。公開当初「妖怪ウォッチ」がいい勝負だったが、さすがは大本命、年末からぐんぐん客足が伸びた。4日時点で興収約68億円を記録。2位「妖怪ウォッチ」は約39億円だ。

 ところで、正月映画で一番後発だったが、シルベスター・スタローン(写真=AP)の「ロッキー」シリーズを受け継ぐ「クリード チャンプを継ぐ男」の評判が圧倒的に良かった。映画の評価は傑作の場合であっても否定的意見が出ることがある。だが「クリード」は違った。見た人の多くが絶賛し、およそ否定的意見が見当たらないのだ。

 しかし、興行の世界は理不尽だ。4日時点で「スター・ウォーズ」のなんと約30分の1の興収2億6000万円にとどまっている。作品の評価の高さからいったらありえないような成績。いろいろ理由はあるが、3つだけ指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタク長女が破局 ハンパが許せなかった工藤静香の怒り

  2. 2

    うがい薬で株価操縦か 吉村府知事にインサイダー疑惑浮上

  3. 3

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  4. 4

    綾瀬はるか熱愛報道から1カ月 周辺でハプニング続々のナゼ

  5. 5

    <2>本質はニュースキャスター 大局を見ることができない

  6. 6

    吉村府知事が招いたうがい薬パニック 品薄で医療団体激怒

  7. 7

    岸田里佳さん 特撮ヒロインは3カ国語話す日舞の師範名取に

  8. 8

    定規で測ったように一角だけ絹目が見えないラミネート跡

  9. 9

    時給は350円…下北沢LOFT店員時代のサザンは不人気だった

  10. 10

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

もっと見る