日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画「クリード」振るわないなぜ? 興収はSWの30分の1

 正月興行は「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が本領を発揮した。公開当初「妖怪ウォッチ」がいい勝負だったが、さすがは大本命、年末からぐんぐん客足が伸びた。4日時点で興収約68億円を記録。2位「妖怪ウォッチ」は約39億円だ。

 ところで、正月映画で一番後発だったが、シルベスター・スタローン(写真=AP)の「ロッキー」シリーズを受け継ぐ「クリード チャンプを継ぐ男」の評判が圧倒的に良かった。映画の評価は傑作の場合であっても否定的意見が出ることがある。だが「クリード」は違った。見た人の多くが絶賛し、およそ否定的意見が見当たらないのだ。

 しかし、興行の世界は理不尽だ。4日時点で「スター・ウォーズ」のなんと約30分の1の興収2億6000万円にとどまっている。作品の評価の高さからいったらありえないような成績。いろいろ理由はあるが、3つだけ指摘する。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事