監督発言で誤報騒ぎも スター・ウォーズ記者会見の舞台裏

公開日: 更新日:

 テレビや雑誌、街中で大宣伝を打っているSF映画の金字塔の最新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」(18日公開)。まさにSW旋風が吹き荒れる中、くしくも暴風の影響をモロに受ける事態に発展した。各地で強風被害に見舞われた11日金曜日、出演者と監督による東京ディズニーランドのシンデレラ城での撮影会を予定していたのだが、中止を余儀なくされてしまったのだ。

 今作から配給が20世紀フォックスからウォルト・ディズニー・スタジオに移ったため、来日したSWご一行によるPRイベントは都内ではなく、お膝元のTDLが選ばれた。同日午後の来日記者会見もディズニーリゾート公式ホテルの「シェラトン・グランデ・トーキョーベイホテル」(千葉県浦安市)で開催となり、テレビカメラ100台、スチール120台、記者500人と大勢の報道陣が駆け付けるお祭り騒ぎとなった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    マリエ枕営業騒動 大物女優が明かした“情を通じた配役”の実態

  2. 2

    出川哲朗とばっちり マリエの告発を“キャラ”で乗り切れる?

  3. 3

    眞子さまが結婚に一途なのはチャンスは二度とないと知っているから

  4. 4

    解決金でも払拭されない?世論が懸念する小室家の嫁姑問題

  5. 5

    石原さとみ“引退説”一蹴 綾瀬はるか意識しベッドシーン?

  6. 6

    マリエの枕営業告発が広がりに欠けるワケ…どうなる“第2R”

  7. 7

    加藤浩次に同情薄 自滅のラヴィットより“身内”にビクビク

  8. 8

    大谷モテモテでメディア大騒ぎ 米国人気質が人気に追い風

  9. 9

    眞子さまとの結婚問題で小室圭さんは? 謝らない人の心理

  10. 10

    推定390億円とも…創価学会が太閤園を高く買い取ったワケ

もっと見る