映画館に「都心回帰」現象 シネコン乱立の新宿大賑わい

公開日: 更新日:

 昨年の映画界は年間の興収が2100億円台になりそうな見通しだ。これは2000年以降で最高だった10年の2207億円に迫る成績。1社に集中しがちなヒット傾向など個々の問題点は山積しているが、数字だけを見る限りにおいては、いい年だった。

 作品では洋画の強力シリーズものが強かったが、映画館側から見て特徴的なことがひとつあった。都内・新宿の興行シェアが格段に上がったのだ。これは昨年4月にオープンしたTOHOシネマズ新宿の存在が大きいが、それだけではない。

 近くにある既存館の新宿ピカデリー、新宿バルト9ともに収益を落とさず、昨年の新宿地区全体の興収が大幅に上昇したのである。普通、近隣にシネコンができれば、既存館は当然のように数字を落とす。だが、新宿はそうならなかった。

 10年ほど前、新宿地区は全体の興収が50億円前後にまで下がったことがあった。それが新宿バルト9、新宿ピカデリーができて以降、75億円前後にまで回復。さらに新シネコンができた昨年では100億円を超えるところまで伸びるだろうと推測される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る