• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

映画館に「都心回帰」現象 シネコン乱立の新宿大賑わい

 昨年の映画界は年間の興収が2100億円台になりそうな見通しだ。これは2000年以降で最高だった10年の2207億円に迫る成績。1社に集中しがちなヒット傾向など個々の問題点は山積しているが、数字だけを見る限りにおいては、いい年だった。

 作品では洋画の強力シリーズものが強かったが、映画館側から見て特徴的なことがひとつあった。都内・新宿の興行シェアが格段に上がったのだ。これは昨年4月にオープンしたTOHOシネマズ新宿の存在が大きいが、それだけではない。

 近くにある既存館の新宿ピカデリー、新宿バルト9ともに収益を落とさず、昨年の新宿地区全体の興収が大幅に上昇したのである。普通、近隣にシネコンができれば、既存館は当然のように数字を落とす。だが、新宿はそうならなかった。

 10年ほど前、新宿地区は全体の興収が50億円前後にまで下がったことがあった。それが新宿バルト9、新宿ピカデリーができて以降、75億円前後にまで回復。さらに新シネコンができた昨年では100億円を超えるところまで伸びるだろうと推測される。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    内閣支持率が軒並み急落 驕れる安倍政権に国民の怒り爆発

  2. 2

    脇雅史氏が自民批判「政党さえ勝てばいいでは国が終わる」

  3. 3

    ブレーク時は最高月収500万円 “即興なぞかけ”ねづっちは今

  4. 4

    人権の意味をわからず 「LGBT支援は必要ない」という暴論

  5. 5

    捕手難にあえぐ巨人…育成継続かFA西武炭谷獲りに動くのか

  6. 6

    ボロアパートの横に諸星和己が…竹原慎二さんのド貧乏時代

  7. 7

    政治資金から「利息」 自民・穴見議員のトンデモ“錬金術”

  8. 8

    新曲からToshl排除で波紋…X JAPANに解散説浮上のウラ側

  9. 9

    指揮官との面談拒否し窮地 Gゲレーロはオフにトレードか

  10. 10

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

もっと見る