本当? スター・ウォーズ公開年は「発泡酒が売れる」の不思議

公開日: 更新日:

 大人気シリーズの新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、いよいよ来月18日公開される。早速、過去作を“復習”するサラリーマンが殺到中なのか、レンタルショップの「スター・ウォーズ」シリーズはどこの店でもほぼレンタル中。

 映画を見ながらの晩酌は至福の時だが、実際、こんな面白いデータがある。「スター・ウォーズ」の公開年は“家庭用ビールの消費が伸びる”というのだ。

 たとえば家庭用ビール消費でいうと、「スター・ウォーズ エピソード1」が公開になった1999年の発泡酒市場は前年の約4割増だった。「スター・ウォーズ エピソード2」が公開された2002年は、同市場が約2割増。さらに3年後の「スター・ウォーズ エピソード3」が公開された05年は“第3のビール”などの新ジャンル市場が200%増、といった具合だ。


「当社では、98年に『淡麗』を新発売し、エピソード1公開年の99年に発泡酒市場が拡大しています。同じく公開年の02年に発売した『淡麗 グリーンラベル』も好調で、05年には『のどごし〈生〉』を発売、新ジャンル市場が広がりました。仮説ですが、ファンが過去作品を自宅で見直すことで、家飲み需要が増える。お酒やおつまみの売り上げが伸びるのかも知れません」(キリン広報担当)

 果たして、今回は思惑通りになるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    米倉涼子「シカゴ」で夏不在でも "視聴率女王"安泰のワケ

  2. 2

    生存者を無視 拉致被害者家族も見限る安倍首相の“二枚舌”

  3. 3

    官邸の暗躍と官僚の忖度…諸悪の起点は2015年になぜ集中

  4. 4

    視聴率首位も視野「3年A組」は数字が評判に追いついた

  5. 5

    2018年はTV出演たった4本…ゆるキャラ「ふなっしー」は今

  6. 6

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  7. 7

    「プライムニュース」1年で終了 フジ"夜の顔"にミタパン

  8. 8

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  9. 9

    朝ドラ「まんぷく」絶好調で 安藤サクラはCM出演料が2倍に

  10. 10

    大阪都構想“クロス選”脅し不発 松井知事に市民ドッチラケ

もっと見る