• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

本当? スター・ウォーズ公開年は「発泡酒が売れる」の不思議

 大人気シリーズの新作「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」が、いよいよ来月18日公開される。早速、過去作を“復習”するサラリーマンが殺到中なのか、レンタルショップの「スター・ウォーズ」シリーズはどこの店でもほぼレンタル中。

 映画を見ながらの晩酌は至福の時だが、実際、こんな面白いデータがある。「スター・ウォーズ」の公開年は“家庭用ビールの消費が伸びる”というのだ。

 たとえば家庭用ビール消費でいうと、「スター・ウォーズ エピソード1」が公開になった1999年の発泡酒市場は前年の約4割増だった。「スター・ウォーズ エピソード2」が公開された2002年は、同市場が約2割増。さらに3年後の「スター・ウォーズ エピソード3」が公開された05年は“第3のビール”などの新ジャンル市場が200%増、といった具合だ。


「当社では、98年に『淡麗』を新発売し、エピソード1公開年の99年に発泡酒市場が拡大しています。同じく公開年の02年に発売した『淡麗 グリーンラベル』も好調で、05年には『のどごし〈生〉』を発売、新ジャンル市場が広がりました。仮説ですが、ファンが過去作品を自宅で見直すことで、家飲み需要が増える。お酒やおつまみの売り上げが伸びるのかも知れません」(キリン広報担当)

 果たして、今回は思惑通りになるか?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新のライフ記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    被災者よりも総裁選…安倍首相「しゃぶしゃぶ夜会」のア然

  2. 2

    今井美樹に続く批判 20年たっても解けない“略奪愛”の呪い

  3. 3

    熊本では逮捕されたが…大阪北部地震でも現れた「愉快犯」

  4. 4

    コロンビアに勝利も…釜本氏は攻撃停滞と決定機ミスに注文

  5. 5

    視聴率は歴代最低…AKB48総選挙が描く“下降曲線”の危機感

  6. 6

    夜な夜な六本木の会員制バーで繰り広げられる乱痴気騒ぎ

  7. 7

    総選挙でトップ3に入れず…AKBは“本体”弱体化が最大の課題

  8. 8

    加計理事長が突然の会見 W杯と地震に合わせ“逃げ切り作戦”

  9. 9

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  10. 10

    全国一元化を口実に…安倍政権が障害年金支給カットの非情

もっと見る