「SMAPどうでも」発言後も続く 伊勢谷友介の熱情ツイート

公開日: 更新日:

 日本中がSMAPの解散騒動に注目する中、1月21日に「あほくさ。スマップの事なんかより、未来において大事な選択肢が国会で選択されてる」というツイートで注目を浴びた俳優の伊勢谷友介(39)が、その後もツイッターで“熱いつぶやき”を繰り返している。

 伊勢谷は芸能活動と並行して社会運動にも熱心なことで知られ、2009年には環境問題を扱う株式会社を設立。昨年10月には環境省のプロジェクト「『つなげよう、支えよう森里川海』全国リレーフォーラム」のイベントに出席するなど、活動の場を広げている。

 冒頭のSMAP発言で炎上した伊勢谷は一夜明け、SMAPを批判するつもりはないとしつつ、「その人々の『興味』の裏で、国会と言う日本の未来を決めていく重要作業が見えなくなる」と問題のツイートの意図を説明。騒動が沈静化した同月26日には今年4月に始まる電力自由化に関連し、「僕らが購入するエネルギーの選択が、未来のエネルギーインフラになります。しっかり選ぼう!!!」と気炎を吐いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    秋篠宮家の眞子さまは一時金1億5000万円では生活できない

  2. 2

    「ボス恋」上白石萌音“高視聴率ヒロイン”定着に必要なこと

  3. 3

    眞子さま婚約破談の危機 問題の400万円をなぜ誰も処理せず

  4. 4

    「トゥナイト」で人気の高尾晶子さんはボートレースの顔に

  5. 5

    首都圏“宣言”解除に暗雲 都が積極的調査で陽性掘り起こし

  6. 6

    「ボス恋」成功は上白石萌音の魅力を最大限に生かしたこと

  7. 7

    「国際大会は分散開催でしか生き残れない」運営の専門家が提唱

  8. 8

    桑田補佐と菅野がベッタリ 絶対エースの傾倒に周囲は不安

  9. 9

    吉本“粛清”ターゲットの大本命は加藤浩次よりキンコン西野

  10. 10

    菅田将暉に月9主演が浮上 大河と映画3本で体調は大丈夫?

もっと見る