伊勢谷との破局報道 長澤まさみサイドから“流出”の舞台裏

公開日: 更新日:

 長澤まさみ(26)の周囲がいきなり慌ただしくなってきた。発売中の週刊ポストが、来年正月公開の香港大作映画「太平輪」(ジョン・ウー監督)で長澤が大胆な濡れ場を披露しているという情報をスクープ。金城武を相手に推定Fカップの美巨乳をあらわにするといううれしいニュースが報じられたばかりだが、今度は一転、破局報道である。

 24日のスポーツ報知が、長澤が交際していた伊勢谷友介(37)との破局を報道。2012年秋から交際していて、すでに都内マンションで同棲状態だったものの、互いに多忙のため“発展的解消”に至ったというのだが……。

「伊勢谷との交際をスクープしたのも報知。今回も長澤サイドが懇意にしている報知の記者に情報を流したともっぱらです。伊勢谷は自分のタニマチ企業の社長のホームパーティーによく参加していて、長澤のことも紹介済みだった。同棲していたし、結婚を前提にした交際だったという見方は間違っていません。ただ、最近は互いに忙しい上に海外ロケの仕事が重なり、隙間風が吹いていたのも事実。そんなぐずぐずして煮え切らない状況を見越した長澤サイドが別れを促したのでしょう。スポーツ紙に破局報道を打たせて、2人の関係も外堀から埋めてしまったのが真相です」(事情通)

 長澤は男断ちしてヌードも辞さない覚悟ならアッパレな女優魂だが、「寂しがり屋の目立ちたがり屋。男がいないと仕事にも身が入らないタイプ」(芸能関係者)という声もある。伊勢谷を踏み台にできるのか、それとももう、他に男の影が……。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    NHK大河「いだてん」大コケでわかった ドラマとは主役次第

  2. 2

    李柄輝氏が語る朝鮮の原則「米国が提案蹴れば行動に移る」

  3. 3

    伝説の麻薬Gメンが指摘 ピエール瀧コカイン常習の“証拠”

  4. 4

    朝から晩までピエール瀧 おかげで安倍悪辣政権が6年安泰

  5. 5

    “黒塗り違法”判決にもダンマリ…財務省の呆れた隠ぺい体質

  6. 6

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  7. 7

    フジ月9の“復活”を占う 錦戸亮「トレース」最終回の視聴率

  8. 8

    V候補の星稜は…センバツ初戦「勝つ高校」と「散る高校」

  9. 9

    また偽装発覚…安倍首相が施政方針演説で巧みな“錯覚工作”

  10. 10

    NHKも優遇なし 青山アナに「育休中の給与返せ」批判の誤解

もっと見る