事故報道になぜ憤り? メディアを批判した伊勢谷友介の胸中

公開日: 更新日:

 俳優の伊勢谷友介(39)が30日、都内で行われた環境省が主催の「つなげよう、支えよう森里川海」全国リレーフォーラム・キックオフイベントに出席した。自身が会社代表を務める「リバースプロジェクト」設立の経緯を語り、企業や地域を巻き込んだ社会活動や環境保全への取り組みについて報告した。

 その後も、同省が目指す循環型社会について専門家らと議論を交わし、「志のある事業を地域で作っていきたい」「発信し続けるという作業を、命のある限り続けていく」と力強く語った。

 27日、都内でバイク運転中にタクシーと接触事故に遭ったことが報じられたばかりだったが、最後まで事故について言及することはなかった。

 その一方で、28日夜のツイッターではメディアを痛烈に“批判”。<個人の貰い事故なんぞどうでも良いだろ。それより大事なことが溢れてる><それでも話題にするのは、される側として迷惑であり、する側としてもお金になるかならないかのメリットしかない>と主張し、<情報を流したのが誰かは知らない。ただその人間は、志の行動ではない>と、辛らつな口調でモノ申したのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  3. 3

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  4. 4

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  5. 5

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  6. 6

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  7. 7

    木浪と近本は数試合で…矢野阪神「4番・大山」の賞味期限

  8. 8

    FA市場の大物が売れ残る背景…“格下”より低い金額を拒否

  9. 9

    あるのか阪神? 貧打と補強下手の“4度目赤っ恥”緊急補強

  10. 10

    衆院2補選惨敗で自民真っ青…夏の“衆参W選”へ一気に現実味

もっと見る