心配な「ZERO」共演…桐谷美玲vs小正裕佳子が散らす“火花”

公開日:  更新日:

 いまや“世界で最も美しい顔”ランキングの常連でお馴染みだ。女優の桐谷美玲(26)が16日、時計ブランド「エンジェルハート」の2016年春夏コレクション新作発表会に出席。新商品のコンセプト「恋の針が、動きだす」にちなんで報道陣から自身の恋が動きだすことは? と聞かれると「動きだすといいですねえ」。チワワみたいにつぶらな瞳を潤ませながら苦笑いしたのだった。

 現在は放送中の主演ドラマ「スミカスミレ」(テレビ朝日系)の撮影に追われる毎日。理想の相手は「なかなか難しいですね」と特定の人物はいない様子ではあったが、結婚&出産願望については「昔から30歳までに子供がいたらいいなと思ってます」。あと何年か指折りし「4年しかないんだ……」と、思いのほか近い将来に焦りの表情を浮かべていた。

 昨年8月に電撃結婚した堀北真希(27)に代わり、いまや事務所の屋台骨を支える存在。同ブランドを含め、現在9社のCMに起用される売れっ子は芝居以外にモデルもキャスターもこなすが、この春はあるひとりの女性の存在で胸中が穏やかではないという。「NEWS ZERO」(日本テレビ系)の新キャスター――元NHKアナウンサーで2003年ミス東大、現在は独協医科大で助教を務める小正裕佳子(32)だ。一体、なぜ?

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    実はボンボン 桜田大臣“大工あがりの叩き上げ”は経歴詐称

  2. 2

    安藤サクラに朝ドラ奪われ…満島ひかり“超ワガママ”の裏側

  3. 3

    ロッテに対抗し青天井 巨人がFA丸に5年35億~40億円の狂気

  4. 4

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  5. 5

    FA丸は残留が本音か “契約年数”上積みなら広島に勝機あり

  6. 6

    倉科カナが三くだり半…竹野内豊“結婚しない男”の罪深さ

  7. 7

    原巨人ため息…“陰のMVP”天敵フランスアは広島であと5年

  8. 8

    陰惨な事態…高校生の「言論の自由」が脅かされている衝撃

  9. 9

    6億円&原監督のメッセージ…巨人「FA炭谷取り」真の狙い

  10. 10

    日産ゴーン逮捕の裏側と今後 衝撃はこれからが本番だ<上>

もっと見る