• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ドラマ低調…堀北真希に囁かれる“コスプレ以上”の大勝負

 山本耕史との電撃結婚後、初の連続ドラマ主演ということで注目された「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」が伸び悩んでいる女優の堀北真希(27)。視聴率こそ初回11.2%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と、裏番組の「フラジャイル」(長瀬智也主演)を上回ったが、14年に放送されたスペシャルドラマ版の11.3%を超えられず、日テレの看板枠ともいえる水10枠としては低い水準の平均11.0%にとどまっている。

 特に第2話では、誘拐された被害者を助けるために、身代金引き渡し役に指定された被害者の娘の代わりに女子高生の制服コスプレまで披露するという露骨なサービス演出にもかかわらず10.6%に終わったのは局としても、堀北サイドとしてもショックだったはず。

「新妻である堀北と、フリージャーナリスト役で出演している新婚のDAIGOがどんな演技をするかという“ダブル結婚ご祝儀効果”があったことを考えると、あまりに低い数字です。ご祝儀効果が薄れる後半はかなり厳しい数字になる可能性が出てきた」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キーマンは“任侠”代表 急浮上する山口組3派再統合話の行方

  2. 2

    黒田総裁は“白旗”か…ついに日銀が「株を買うのをやめた」

  3. 3

    総裁選の争点に 石破氏の秘策は「加計問題」と「脱原発」

  4. 4

    今年も唯一ゴルフ不参加…福田元首相はやっぱり“アベ嫌い”

  5. 5

    地元は必死に寄付金集め 金足農“想定外”快進撃の舞台側

  6. 6

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  7. 7

    イメージダウン必至の日本大学 新入生の半数は付属から

  8. 8

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  9. 9

    「検察側の罪人」原田監督語る 木村拓哉の演技と籠絡テク

  10. 10

    「美化は良くない」 鹿島DF内田篤人がW杯ベルギー戦に言及

もっと見る