ドラマ低調…堀北真希に囁かれる“コスプレ以上”の大勝負

公開日: 更新日:

 山本耕史との電撃結婚後、初の連続ドラマ主演ということで注目された「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」が伸び悩んでいる女優の堀北真希(27)。視聴率こそ初回11.2%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と、裏番組の「フラジャイル」(長瀬智也主演)を上回ったが、14年に放送されたスペシャルドラマ版の11.3%を超えられず、日テレの看板枠ともいえる水10枠としては低い水準の平均11.0%にとどまっている。

 特に第2話では、誘拐された被害者を助けるために、身代金引き渡し役に指定された被害者の娘の代わりに女子高生の制服コスプレまで披露するという露骨なサービス演出にもかかわらず10.6%に終わったのは局としても、堀北サイドとしてもショックだったはず。

「新妻である堀北と、フリージャーナリスト役で出演している新婚のDAIGOがどんな演技をするかという“ダブル結婚ご祝儀効果”があったことを考えると、あまりに低い数字です。ご祝儀効果が薄れる後半はかなり厳しい数字になる可能性が出てきた」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    原巨人トレード放出“次の大物”は?田口麗斗電撃移籍の波紋

  2. 2

    G戸郷“実室2年目”ジンクス打破の予兆 桑田指導にモノ申す

  3. 3

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  4. 4

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  5. 5

    150人が殺到 久美子氏の誕生日「晴れ舞台」で迫られた弁明

  6. 6

    福原愛にも不倫報道!徹子の部屋での異変と台湾の家庭事情

  7. 7

    ビールかけで転倒し尻に瓶刺さり流血…10針縫って二次会へ

  8. 8

    中学受験始まる新4年生「塾でつまずき出す」のが5月の理由

  9. 9

    巨人「田口↔広岡」トレードの背景に坂本勇人の後継者問題

  10. 10

    内閣広報官に小野日子氏内定 迷走していた後任選び全内幕

もっと見る