ドラマ低調…堀北真希に囁かれる“コスプレ以上”の大勝負

公開日: 更新日:

 山本耕史との電撃結婚後、初の連続ドラマ主演ということで注目された「ヒガンバナ~警視庁捜査七課~」が伸び悩んでいる女優の堀北真希(27)。視聴率こそ初回11.2%(以下、数字はいずれもビデオリサーチ調べ、関東地区)と、裏番組の「フラジャイル」(長瀬智也主演)を上回ったが、14年に放送されたスペシャルドラマ版の11.3%を超えられず、日テレの看板枠ともいえる水10枠としては低い水準の平均11.0%にとどまっている。

 特に第2話では、誘拐された被害者を助けるために、身代金引き渡し役に指定された被害者の娘の代わりに女子高生の制服コスプレまで披露するという露骨なサービス演出にもかかわらず10.6%に終わったのは局としても、堀北サイドとしてもショックだったはず。

「新妻である堀北と、フリージャーナリスト役で出演している新婚のDAIGOがどんな演技をするかという“ダブル結婚ご祝儀効果”があったことを考えると、あまりに低い数字です。ご祝儀効果が薄れる後半はかなり厳しい数字になる可能性が出てきた」(テレビ関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女性がNHK大河ソッポ 長谷川博己“若い明智光秀”なぜ不評?

  2. 2

    年金生活者の確定申告 面倒くさがらずにやれば還付3万円超

  3. 3

    忖度なしの外資系が…ANAホテル沈黙は安倍自民の口封じか

  4. 4

    嵐に深刻ファン離れ…ナゾの「256動画」も盛り上がらず

  5. 5

    ゲッソリ痩せた東出昌大…杏との“話し合い”で主夫に転向か

  6. 6

    嵐・櫻井翔の“秘密情報”ダダ漏れ裏に熱狂「裏アカ」の存在

  7. 7

    嵐ファン真っ青…北京公演中止に続き21年結婚ラッシュ突入

  8. 8

    飯豊まりえに“ミタゾノの呪い” 過去のヒロインは引退沙汰

  9. 9

    ノートのコピーが自らの首を締め…功名心に負けた阪神時代

  10. 10

    “犬猿の仲”の本当の関係 野村監督は長嶋監督嫌いだった?

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る