ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

芸能界に馴染めずとも オードリー若林は“素直”で生き残り

公開日: 更新日:

 芸能人というのは不思議な職業で、下積み時代と売れた後ですべてがガラッと変わってしまう。たくさんテレビに出たりおカネが入ってきたりするうちに、下積み時代の感覚がだんだん薄れていくのが普通だ。

 ところが、ごくまれにそうではない人もいる。売れてない頃の感覚を失わず、華やかな世界に馴染めないままで仕事をこなす。そういう人は大抵テレビの世界では通用しないものだが、ものすごく器用で能力が高くてキャラとしての魅力がある場合だけ、そういう人が生き残っていけることもある。オードリーの若林正恭(37)はそんな変わり者の一人だ。

「社会人大学人見知り学部 卒業見込」(メディアファクトリー)では、彼が芸能界に入って経験したさまざまな出来事とそれに対する素朴な雑感がありのままにつづられている。

 もともとテレビを見る習慣のなかった若林にとって、テレビの仕事は驚きの連続だった。芸能人の豪邸を訪問して、高価な壺を見つける。その値段が数百万円だと聞いてリポーターは驚く。この流れが若林にはどうしても馴染めない。「別に壺なんか要らないし、何百万円もする壺を持っているからすごいってことでもないだろ」と思ってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  5. 5

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  6. 6

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  7. 7

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  8. 8

    賃金偽装 厚労省キーマン「官邸の圧力」否定は矛盾だらけ

  9. 9

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  10. 10

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

もっと見る