ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在はお笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著は「逆襲する山里亮太」(双葉社)など。

芸能界に馴染めずとも オードリー若林は“素直”で生き残り

公開日:  更新日:

 芸能人というのは不思議な職業で、下積み時代と売れた後ですべてがガラッと変わってしまう。たくさんテレビに出たりおカネが入ってきたりするうちに、下積み時代の感覚がだんだん薄れていくのが普通だ。

 ところが、ごくまれにそうではない人もいる。売れてない頃の感覚を失わず、華やかな世界に馴染めないままで仕事をこなす。そういう人は大抵テレビの世界では通用しないものだが、ものすごく器用で能力が高くてキャラとしての魅力がある場合だけ、そういう人が生き残っていけることもある。オードリーの若林正恭(37)はそんな変わり者の一人だ。

「社会人大学人見知り学部 卒業見込」(メディアファクトリー)では、彼が芸能界に入って経験したさまざまな出来事とそれに対する素朴な雑感がありのままにつづられている。

 もともとテレビを見る習慣のなかった若林にとって、テレビの仕事は驚きの連続だった。芸能人の豪邸を訪問して、高価な壺を見つける。その値段が数百万円だと聞いてリポーターは驚く。この流れが若林にはどうしても馴染めない。「別に壺なんか要らないし、何百万円もする壺を持っているからすごいってことでもないだろ」と思ってしまうのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    CS進出の可能性も…DeNAラミレス監督“オリックス就活”情報

  4. 4

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  5. 5

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    「黄昏流星群」も フジドラマ放送前に打ち上げ続々のワケ

  8. 8

    明々白々…アベシンゾー氏の夢は「大日本帝国をもう一度」

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    消費税撤廃に続き…有言実行のマレーシア首相が反原発宣言

もっと見る