仕事過密でも黙々と 博多華丸・大吉こそサラリーマン芸人

公開日: 更新日:

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 サラリーマンが気楽な稼業だったのは大昔の話。国の成長はすっかり止まり、景気も良くなった実感が持てない昨今、サラリーマンはたとえ給料が上がらなくても会社にしがみつくしかない。

パワハラ、セクハラという言葉も認知されるようになり、中年男性が部下や女性社員に駄洒落を言ったりセクハラまがいの発言をしたりするのは完全にタブーになってしまった。「オヤジくささ」というものが、女性や若者にとって最も忌み嫌われる要素になっている。

 ところが、日本でただ一人、これが許されている特別な人間がいる。それが博多華丸・大吉のボケを担当する博多華丸(45)だ。華丸は漫才の中で、典型的な中小企業のオヤジのようなキャラクターを演じることが多い。それは、多くの女性や若者にとっては、実際に身の周りにいたらとてつもなく厄介な存在に見える。でも、漫才の中ではそれが受け入れられ、大きな笑いを生んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    菅野圧巻でも小林では G原監督を悩ます炭谷との“相性問題”

  2. 2

    大補強でも誤算生じ…V奪回義務の原巨人に燻る“3つの火種”

  3. 3

    私情や保身を優先する愚かさ 野党結集を邪魔する“新6人衆”

  4. 4

    「欅坂46」長濱ねる ファンは感じていた卒業発表の“予兆”

  5. 5

    北が安倍政権を猛批判 米朝破談で逆に日本を「脅威利用」

  6. 6

    丸獲得でも変わらず 巨人がOP戦で露呈“広島恐怖症”の重篤

  7. 7

    テレ朝が異例抜擢 元乃木坂46斎藤ちはるアナの評判と実力

  8. 8

    「超面白かった」宇多田ヒカルは直撃取材直後にブログ更新

  9. 9

    JOC竹田会長辞任決意のウラ側 “国内引きこもり”が決定打

  10. 10

    HISの澤田秀雄会長はなぜ50億円の詐欺話に引っかかった

もっと見る