• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

仕事過密でも黙々と 博多華丸・大吉こそサラリーマン芸人

【連載コラム 2016新春「笑」芸人解体新書】

 サラリーマンが気楽な稼業だったのは大昔の話。国の成長はすっかり止まり、景気も良くなった実感が持てない昨今、サラリーマンはたとえ給料が上がらなくても会社にしがみつくしかない。

パワハラ、セクハラという言葉も認知されるようになり、中年男性が部下や女性社員に駄洒落を言ったりセクハラまがいの発言をしたりするのは完全にタブーになってしまった。「オヤジくささ」というものが、女性や若者にとって最も忌み嫌われる要素になっている。

 ところが、日本でただ一人、これが許されている特別な人間がいる。それが博多華丸・大吉のボケを担当する博多華丸(45)だ。華丸は漫才の中で、典型的な中小企業のオヤジのようなキャラクターを演じることが多い。それは、多くの女性や若者にとっては、実際に身の周りにいたらとてつもなく厄介な存在に見える。でも、漫才の中ではそれが受け入れられ、大きな笑いを生んでいる。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝鮮半島のパワーゲームで日本は…共同通信・磐村氏に聞く

  2. 2

    元立教大生に聞いた 「奨学金破産」で人生転落するまで

  3. 3

    映像は地味だが…「ポツンと一軒家」好視聴率で健闘のワケ

  4. 4

    米が次期戦闘機ゴリ押し 安倍政権は血税1400億円をドブに

  5. 5

    可愛い“宝物”は24歳に…「孫」がヒットの大泉逸郎さんは今

  6. 6

    “玉木宏ロス”の癒やしに 坂口健太郎だけが持つ3つの魅力

  7. 7

    官邸が“裏口入学リスト”回収…不正合格事件が政界に波及か

  8. 8

    広島・菊池、ソフトバンク柳田も…地方の大学生を見逃すな

  9. 9

    歌手・女優の坂本スミ子さん パルムドール表彰式の思い出

  10. 10

    テレ東「ラストチャンス」原作者 江上剛氏が見どころ語る

もっと見る