ラリー遠田
著者のコラム一覧
ラリー遠田

1979年、愛知県名古屋市生まれ。東大文学部卒。テレビ番組制作会社勤務を経てフリーライターに。現在は、お笑い評論家として取材、執筆、イベント主催、メディア出演。近著に「とんねるずと『めちゃイケ』の終わり 〈ポスト平成〉のテレビバラエティ論」(イースト新書)、「逆襲する山里亮太」(双葉社)などがある。

明日は仕事あるのか? 有吉弘行が苦しんだ事務所への電話

公開日: 更新日:

 数々の冠番組を持ち、いまや時代の寵児となった有吉弘行(41)。もう忘れている人も多いかもしれないが、そんな彼も、ほんの数年前まではうだつの上がらない一発屋芸人だった。

 著書「お前なんかもう死んでいる プロ一発屋に学ぶ『生き残りの法則50』」(双葉社)では、そんな彼が芸人としても人間としてもどん底だった頃を振り返り、そこから得られた教訓を語っている。

 有吉は、猿岩石というコンビで「電波少年」(日本テレビ系)のヒッチハイク企画をきっかけに売れっ子になった。ところがその後、じわじわと仕事は減り始め、やがてゼロになってしまった。

 この時期の有吉にとって最も苦痛だったのが午後4時の電話だった。明日仕事が入っているかどうか、毎日事務所に電話を入れて確認しなくてはいけなかったのだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    任侠山口組が組長制に 40数名が織田代表と親子盃、舎弟盃

  2. 2

    統一地方選で2ケタ議席「N国党」と「幸福党」大躍進のナゼ

  3. 3

    役者はセリフが命…山P「インハンド」にブーイングのワケ

  4. 4

    マラソン大迫傑が牙をむいた日本陸連の「本音」と「忖度」

  5. 5

    お笑い文化台無し!安倍首相の吉本新喜劇出演に府民大激怒

  6. 6

    「失われた10年」を「30年」に拡大させた戦後の無責任体制

  7. 7

    就職戦線“買い手市場”に激変 新卒採用は氷河期に向かう

  8. 8

    開幕5カード全負け越し“投壊”広島が再建託す2人の秘密兵器

  9. 9

    ジャニーズ頼みは厳しい?ドラマ視聴率と主題歌の相反関係

  10. 10

    衆院沖縄3区補選 屋良朝博氏の勝利に敢えて水を差す

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る