結婚半年 千原ジュニア語る夫婦仲「平気で裏番組見てる」

公開日:  更新日:

 いまやバラエティー番組で見ない日はない千原ジュニア(42)。人気芸人として10本のレギュラー番組を持つが、「俳優」としての顔も。10年から今年1月まで11作続くドラマ「新・ミナミの帝王」(関西テレビ)で主演・萬田銀次郎役を務めている。これまで関西ローカルの放送だったが、来年ついにスクリーンデビュー。映画ではジュニアが「師匠」と慕う板尾創路との共演も果たした。

 ◇  ◇  ◇

 板尾さんは、作中ではカネ貸して借用書にハンコ押させてますけど、プライベートでは婚姻届の保証人になってもらってますからね。公私ともにハンコを押し合った仲。でも恥ずかしいので、これで最後です。

「ミナミの帝王」はちっちゃい頃から散髪屋に行ったら置いてあるマンガだった。僕の中で「吉本新喜劇」「じゃりン子チエ」「ミナミの帝王」は子供の頃から身近な存在でしたね。(主人公の)萬田銀次郎の、あらゆるところで立ち振る舞える頭脳に憧れます。萬田と僕の共通点はまったくない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  5. 5

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  10. 10

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

もっと見る