臨終の床で蜷川幸雄さん呼びかけ 宏子夫人はどんな存在

公開日: 更新日:

 演出家・蜷川幸雄さん(享年80)の葬儀に多くの俳優が駆けつけた。演劇の演出家とはここまで俳優から信頼され、慕われるのかと改めて思った人もたくさんいたことだろう。

 その葬儀やマスコミ報道を見ていて感じたことがある。長女・実花さんはコメントも出し、マスコミにも登場していたのに、夫人の宏子さんの姿が見受けられなかったことだ。宏子さんは筆者には女優・真山知子としてなじみが深い。

 宏子さんは葬儀には位牌を持って参加していたというが、マスコミへの登場はほぼなかった。娘の実花さんにマスコミ対応を任せたともいえるが、宏子さんが今、何を思っているのか知りたくもあった。

 真山知子は東映のニューフェースとして、千葉真一や太地喜和子らと同期入社。すぐに東映を離れるが、若松孝二監督の成人映画「金瓶梅」に堂々主演。以降、セクシー女優として活躍した。ふくよかながら、バランスのとれた肉体の持ち主で、長い黒髪も彼女の魅力を引き立てていた。東映では若山富三郎の作品に多く出演。大映では増村保造監督の「でんきくらげ」の色っぽいクラブのママ役が印象深い。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    巨人FA補強に浮上する「第3の男」 菅野メジャー流出濃厚で

  2. 2

    山口達也再逮捕の裏に“臨時収入”か TOKIO再結成は完全消滅

  3. 3

    8歳で来日したサヘル・ローズさん 母と日本で極貧の日々も

  4. 4

    つるの剛士Twitter「リスト」流出 ネットがザワついた中身

  5. 5

    斎藤幸平氏 ウィズコロナで考える“資本主義ではない”社会

  6. 6

    もし万が一、照ノ富士2場所連続Vなら大関復帰させてやれよ

  7. 7

    箱根駅伝は無観客開催…背後に透ける「傲慢とカネと宣伝」

  8. 8

    松岡茉優 初主演「カネ恋」好発進も気の毒な“3つのハンデ”

  9. 9

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  10. 10

    巨人余剰戦力「ロッテ澤村に続け」とトレード志願が殺到中

もっと見る