罵声と灰皿と胃薬と 蜷川幸雄さん“強烈演出”の裏に深い愛

公開日: 更新日:

「日本の現代劇は蜷川以前と以後に分かれる。一つの革命を起こした人でした」

 演劇界の“鬼”をこう偲んだのは松本幸四郎(73)。演出家の蜷川幸雄氏が12日、肺炎による多臓器不全のため都内の病院で亡くなった。享年80。現代劇からシェークスピア、ギリシャ悲劇など海外の古典まで多岐にわたる作品を演出。海外でも高く評価され「世界のニナガワ」と呼ばれた希代の演出家が泉下の人となった。

 俳優を「バカ!」「マヌケ!」と激しく怒鳴りまくる、灰皿を投げつける――。稽古場での厳しい演出指導は有名で、19歳の時にその“洗礼”を浴びた寺島しのぶはかつて本紙のインタビューで「もうスリッパは飛んでくるわ、イスは飛んでくるわ、目の前で胃薬をボリボリ食べられ、“久しぶりだよ、女優の前でこんなに胃薬食うのは”とも言われました」「稽古中は“公開SM”のようでした」と語っていたこともあるほど。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    博多大吉とデート報道 赤江珠緒が気を揉む"あの男"の存在

  2. 2

    イタリア政治に風穴あけた「五つ星運動」共同設立者に聞く

  3. 3

    桑田真澄というカリスマが高校野球に物申したことの意義

  4. 4

    強豪校監督に聞いた 高校野球の球数制限「賛成?反対?」

  5. 5

    好調"月9"を牽引 本田翼が放つ強烈オーラと現場での気配り

  6. 6

    豊洲市場“黒い粉塵”問題 都のお粗末清掃で汚染水まみれに

  7. 7

    安倍首相に怯える公明 増税延期解散なら小選挙区壊滅危機

  8. 8

    大食い客から猛批判「やよい軒」おかわり有料化の視界不良

  9. 9

    “新 加勢大周”でデビュー 坂本一生さんが見つけた天職とは

  10. 10

    いいとも青年隊 工藤兄弟が語った“双子キャラ”への反発心

もっと見る