かつてオロナミンC 大村崑は今や葬儀業界の“トップスター”

公開日:  更新日:

 東京近郊の駅を降りたら、葬儀社の看板広告に懐かしい顔が! なんと大村崑ちゃん(83)じゃありませんか。代名詞となった「オロナミンC」のCMが終わってからは、大相撲中継の砂かぶり席ぐらいでしか見かける機会がなくなっていたが、こんなところで広告に出ていたとは。

「確かにテレビや舞台で見る機会は少なくなり、メディア露出も最近はベテラン俳優が亡くなった時のコメントぐらいしか見かけなくなっていますね。しかし、だからといって大村さんを“過去の人”扱いするのは大間違い。実は葬儀業界では数々の広告に起用されているトップスターです」(代理店関係者)

 確かに見かけた広告も葬儀社のものだし、その他にも「西日本典礼」「中山石渠」などのキャラクターになっている。それにしても、どうして崑ちゃんが葬儀社に?

「大村さんは07年ぐらいからドラマ出演が減っていますが、唯一、92年から始まった『赤い霊柩車シリーズ』(フジテレビ系)には今でも出続けています。その中で演じているのが石原葬儀社の専務・秋山隆男役。これがハマリ役となって数々の葬儀社からイメージキャラクターとしてのオファーが殺到しているのです」(あるテレビマン)

 ちなみに1年ぶりに放送される次回の「赤い霊柩車」は、6月26日オンエア。もちろん、崑ちゃんも出演する。あらためて“業界トップスター”の演技を堪能するのも悪くない。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  8. 8

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  9. 9

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

  10. 10

    【日曜中山11R・オールカマー】今年も絶好調!ルメール レイデオロ

もっと見る