葬儀に妻の姿なく…阿藤快さんが伏せていた「バツ2」の過去

公開日:  更新日:

「相手がだれであれ、とにかくテレビで見るままに明るかった。でも、仕事のことや昔話については冗舌でしたが、プライベートの話題はあまり話したがりませんでした。長年支えたマネジャーも家族関係については知らなかったそうです」(ベテランの芸能ライター)

 14日に大動脈瘤破裂胸腔内出血のため69歳で亡くなった阿藤快さんの通夜が20日、葬儀・告別式が21日に出身地の神奈川県小田原市内の葬儀場で営まれた。出演したドラマ「下町ロケット」(TBS系)で共演した阿部寛、長年親交があった女優の名取裕子、グルメリポーターの後輩の彦摩呂、パンチ佐藤らが参列。「小田原ふるさと大使」も務めていた阿藤の死を、地元住民も大勢が参列して悼んだ。

 取材に訪れていたワイドショー関係者がこういう。

「喪主は長男が務め、マスコミ対応は妹さんがしていました。ところが、肝心の奥さんの姿が見えない。マネジャーに聞いても把握していなかったし、地元の同級生や関係者に阿藤さんの家族の話を聞くと、『余計なことは聞かない方がいいよ』『分からない』など訳ありっぽい答えばかりでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る