葬儀に妻の姿なく…阿藤快さんが伏せていた「バツ2」の過去

公開日:  更新日:

「相手がだれであれ、とにかくテレビで見るままに明るかった。でも、仕事のことや昔話については冗舌でしたが、プライベートの話題はあまり話したがりませんでした。長年支えたマネジャーも家族関係については知らなかったそうです」(ベテランの芸能ライター)

 14日に大動脈瘤破裂胸腔内出血のため69歳で亡くなった阿藤快さんの通夜が20日、葬儀・告別式が21日に出身地の神奈川県小田原市内の葬儀場で営まれた。出演したドラマ「下町ロケット」(TBS系)で共演した阿部寛、長年親交があった女優の名取裕子、グルメリポーターの後輩の彦摩呂、パンチ佐藤らが参列。「小田原ふるさと大使」も務めていた阿藤の死を、地元住民も大勢が参列して悼んだ。

 取材に訪れていたワイドショー関係者がこういう。

「喪主は長男が務め、マスコミ対応は妹さんがしていました。ところが、肝心の奥さんの姿が見えない。マネジャーに聞いても把握していなかったし、地元の同級生や関係者に阿藤さんの家族の話を聞くと、『余計なことは聞かない方がいいよ』『分からない』など訳ありっぽい答えばかりでした」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    偽装離婚で資産隠し 羽賀研二を“金の亡者”に変えた原点

  2. 2

    「給料は我慢したのに」と戦力外通告の選手に言われて…

  3. 3

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  4. 4

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  5. 5

    毎勤不正「組織的関与なし」幕引き図る監察委のデタラメ

  6. 6

    日テレ料理番組終了で…速水もこみち“レギュラーゼロ”危機

  7. 7

    憲法改正国民投票CMに待った「通販生活」意見広告の趣旨は

  8. 8

    ハゲタカ勢も虎視眈々 日産vsルノーついに始まる株争奪戦

  9. 9

    「笑点」歴代司会者で一番やりづらかったのは前田武彦さん

  10. 10

    愛娘の元彼・羽賀を“希代のワル”と見抜いた梅宮辰夫の慧眼

もっと見る