• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飽きた? 終わった? 和田アキ子がツイッター3カ月更新せず

 昨年9月に鳴り物入りで始まった歌手・和田アキ子(66)のツイッターに閑古鳥が鳴いている。実は2016年2月22日のツイートを最後に更新が途絶えているのだ。

 和田は「CDのケースの開け方が分からず、最初の内は毎回ケースを叩き割ってCDを取り出していた」などの機械音痴伝説で有名。それだけにツイッター開設は当初、驚きを以て迎えられた。NHK紅白歌合戦の出演目当ての話題作りが狙いで、どうせ年内で終了するなどと揶揄されたが、2016年に入ってからも盛んに更新を続けていたため、本気で運用していると見られていた。

 今のところ“終了宣言”などの明確な意思表示はなく、最後のツイートには<最近和田アキ子様のツイートがなくて寂しい>など、ツイート再開を望むファンからのメッセージが寄せられている。

 ただ、前述のCDケース破壊エピソードほどではないにしても、和田アキ子のツイッター運用は危なっかしかった。昨年11月には動画のアップがうまくいかず、「どうした!? スマホちゃん? 嫌いになっちゃうよ」とおかんむりのツイート。今年1月には「ぱんは、どんな意味なんでしょうか?」などと意味不明なツイートを行い、その後これは友人に向けたダイレクトメッセージだったことを明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  3. 3

    衝撃の発毛剤CM 草彅剛の“捨て身っぷり”が称賛されるワケ

  4. 4

    被災地で黙々とボランティア活動 吉川晃司の“気骨と矜持”

  5. 5

    石破氏の「公平な行政」パクリ…安倍首相の姑息な争点潰し

  6. 6

    山根明氏が天覧試合で解説…写真の存在に文科省が戦々恐々

  7. 7

    フジは稲垣をドラマ起用 立ち位置に違いが出始めた元SMAP

  8. 8

    進学説の真偽は…金足農・吉田輝星めぐるプロ争奪戦の内幕

  9. 9

    憧れの安室も絶賛 イモトアヤコは「イエスマン」報われた

  10. 10

    高まる認可白紙の可能性 小池知事が来月迎える「敗戦の日」

もっと見る