• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

飽きた? 終わった? 和田アキ子がツイッター3カ月更新せず

 昨年9月に鳴り物入りで始まった歌手・和田アキ子(66)のツイッターに閑古鳥が鳴いている。実は2016年2月22日のツイートを最後に更新が途絶えているのだ。

 和田は「CDのケースの開け方が分からず、最初の内は毎回ケースを叩き割ってCDを取り出していた」などの機械音痴伝説で有名。それだけにツイッター開設は当初、驚きを以て迎えられた。NHK紅白歌合戦の出演目当ての話題作りが狙いで、どうせ年内で終了するなどと揶揄されたが、2016年に入ってからも盛んに更新を続けていたため、本気で運用していると見られていた。

 今のところ“終了宣言”などの明確な意思表示はなく、最後のツイートには<最近和田アキ子様のツイートがなくて寂しい>など、ツイート再開を望むファンからのメッセージが寄せられている。

 ただ、前述のCDケース破壊エピソードほどではないにしても、和田アキ子のツイッター運用は危なっかしかった。昨年11月には動画のアップがうまくいかず、「どうした!? スマホちゃん? 嫌いになっちゃうよ」とおかんむりのツイート。今年1月には「ぱんは、どんな意味なんでしょうか?」などと意味不明なツイートを行い、その後これは友人に向けたダイレクトメッセージだったことを明かしていた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    お酌は一切させず 麻木久仁子さんが見たタモリの“別の顔”

  2. 2

    引っ越す度にゾ~…松原タニシ怖くて貧しい事故物件暮らし

  3. 3

    内閣府の仰天“解釈” 「加計は利害関係者にあらず」の詭弁

  4. 4

    セネガルを苦しめるも…日本があと一歩で勝ちきれない要因

  5. 5

    オリラジ中田が消えたワケ…妥当すぎる正論コメントがアダ

  6. 6

    ゲストプレー中もパット練習…男子ツアーを貶める片山晋呉

  7. 7

    元TOKIO山口達也が5億円豪邸売却へ 収入失い債務資金枯渇

  8. 8

    虐待問題解決の本質とは 黒川祥子さんが取材経験から語る

  9. 9

    低迷阪神は内紛秒読み…金本監督と選手に不穏ムード漂う

  10. 10

    4番不在の阪神・金本監督 “禁断の果実”中田翔に手を出すか

もっと見る