<第1回>ひと言でいうと“へたくそ”なんですよ、生き方が

公開日: 更新日:

 文壇でも活躍する芸能人の先駆け的存在だ。NHK朝ドラ「北の家族」(73年)のヒロイン役に抜擢され、82年に発表した「通りゃんせ」で女優初の芥川賞候補になった高橋洋子(63)。今年3月に28年ぶりの映画「八重子のハミング」の撮影に挑み、4月には13年ぶりの新作小説「のっぴき庵」(講談社)を上梓した。再始動する前はどのような生活を送っていたのだろうか。

「結婚して、子育てして、ママ友とお茶して。ごく普通の主婦の生活を送っていました。その間、新聞連載をしたり、『俳句王国』(NHK)に出演したりしましたが、人生の転機ともいえる大きな出来事といえば、競馬。42歳の時にひょんなことからJRAが主催する女性限定の観覧パーティーにお招きいただいて、ビギナーズラックでダンスパートナーという馬を当ててしまったもんだから、さあ、大変。無類の競馬好きだった父の血を受け継いでいるんですね。凱旋門賞まで遠征したり、今では欠かせないライフワークのひとつになってしまった(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    新契約と副収入で稼ぎ破格 渋野日向子メジャー制覇の値段

  2. 2

    渋野日向子フィーバーの裏で“渋い顔” 大会運営はツラいよ

  3. 3

    浜崎あゆみと交際7年 なぜ「M」にTOKIO長瀬智也は登場せず

  4. 4

    れいわ山本太郎代表に飛び交う「10.27参院補選」出馬説

  5. 5

    渋野 米ツアー不参加表明に専門家は「行くべき」と指摘

  6. 6

    渋野日向子フィーバーが覆い隠す女子プロ協会のゴタゴタ

  7. 7

    志尊淳は「劇場版おっさんずラブ」で“評価急落”返上なるか

  8. 8

    渋野マネジメント会社決定で気になる大型契約と来季主戦場

  9. 9

    清宮&輝星采配で炎上 栗山監督の求心力低下が止まらない

  10. 10

    細野豪志に5000万円貸し付け「JCサービス」を特捜部が捜査

もっと見る

編集部オススメ

  1. {{ $index+1 }}

    {{ pickup.Article.title_short }}

もっと見る