<第1回>ひと言でいうと“へたくそ”なんですよ、生き方が

公開日: 更新日:

 文壇でも活躍する芸能人の先駆け的存在だ。NHK朝ドラ「北の家族」(73年)のヒロイン役に抜擢され、82年に発表した「通りゃんせ」で女優初の芥川賞候補になった高橋洋子(63)。今年3月に28年ぶりの映画「八重子のハミング」の撮影に挑み、4月には13年ぶりの新作小説「のっぴき庵」(講談社)を上梓した。再始動する前はどのような生活を送っていたのだろうか。

「結婚して、子育てして、ママ友とお茶して。ごく普通の主婦の生活を送っていました。その間、新聞連載をしたり、『俳句王国』(NHK)に出演したりしましたが、人生の転機ともいえる大きな出来事といえば、競馬。42歳の時にひょんなことからJRAが主催する女性限定の観覧パーティーにお招きいただいて、ビギナーズラックでダンスパートナーという馬を当ててしまったもんだから、さあ、大変。無類の競馬好きだった父の血を受け継いでいるんですね。凱旋門賞まで遠征したり、今では欠かせないライフワークのひとつになってしまった(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    ナゾの男が骨董店で中古ピアノを演奏…話は意外な展開に!

  2. 2

    台紙の上部には見えないのに下部にだけ広がる「斜線」の謎

  3. 3

    米倉涼子は独立から半年 次回作が決まらない「2つの理由」

  4. 4

    抗議殺到!イソジン吉村と大阪モデルの化けの皮が剥がれる

  5. 5

    堀田茜と紫吹淳も離脱…オスカー崩壊の裏に恐怖の社内改革

  6. 6

    先の大戦と酷似 デマと精神論が蔓延するコロナ禍ニッポン

  7. 7

    裕次郎さんの自宅から遺跡が…本人と石原プロ社員の神対応

  8. 8

    裕次郎さん命日に幕引き 石原軍団「金、酒、飯」豪快伝説

  9. 9

    半沢直樹を下支えする肝っ玉母 菅野美穂と上戸彩の共通点

  10. 10

    東出昌大は離婚で“焼け太り” 映画出演での快進撃が始まる

もっと見る