• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

<第1回>ひと言でいうと“へたくそ”なんですよ、生き方が

 文壇でも活躍する芸能人の先駆け的存在だ。NHK朝ドラ「北の家族」(73年)のヒロイン役に抜擢され、82年に発表した「通りゃんせ」で女優初の芥川賞候補になった高橋洋子(63)。今年3月に28年ぶりの映画「八重子のハミング」の撮影に挑み、4月には13年ぶりの新作小説「のっぴき庵」(講談社)を上梓した。再始動する前はどのような生活を送っていたのだろうか。

「結婚して、子育てして、ママ友とお茶して。ごく普通の主婦の生活を送っていました。その間、新聞連載をしたり、『俳句王国』(NHK)に出演したりしましたが、人生の転機ともいえる大きな出来事といえば、競馬。42歳の時にひょんなことからJRAが主催する女性限定の観覧パーティーにお招きいただいて、ビギナーズラックでダンスパートナーという馬を当ててしまったもんだから、さあ、大変。無類の競馬好きだった父の血を受け継いでいるんですね。凱旋門賞まで遠征したり、今では欠かせないライフワークのひとつになってしまった(笑い)」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  2. 2

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  3. 3

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  4. 4

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  5. 5

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  6. 6

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  7. 7

    “三選”か“一寸先は闇”となるか…注目は小沢、小泉に船田元

  8. 8

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  9. 9

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  10. 10

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

もっと見る