• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ファンであり批評家 木の実ナナを励ました“永六輔の手紙”

 大ヒット映画「あぶない刑事」シリーズの港署署長・松村優子が当たり役だった木の実ナナさん(69)。ドラマ、舞台、音楽番組などで活躍中だが、デビューしたのは15歳。来年で芸能生活55周年を迎える。そんな木の実さんを10代のころから陰に日なたに応援してくれたのは作家でパーソナリティーの永六輔さん(83)だった。

■大先輩からの手紙が励みに

「あなたほど粋な女優はいない。登場したシーンがなんと鮮やかで粋だったことか……」

 こんなお手紙を永(六輔)さんから頂いたのは、日劇恒例の「夏のおどり」に出演していた20歳になる少し前。それも、「すぐに読んで欲しいから」とマネジャーに直接、手渡ししてくれたんです。

 そのころの私はデビュー5年目。司会をしていた音楽バラエティー「味の素ホイホイ・ミュージック・スクール」(日本テレビ系)が終了し、歌手とともにダンサーとして活動していたころです。でも、自分の目指す道がはっきりせず、いまひとつ波に乗れていませんでした。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    中居正広“ジャニーズ残留”決定か…ウラに野望とカネと打算

  2. 2

    静香次女コウキ ファッション業界で囁かれる“本当の実力”

  3. 3

    無策の安倍首相を尻目に…本田圭佑「電撃訪朝」急浮上

  4. 4

    キムタク低迷と次女デビューで…動き出した工藤静香の狙い

  5. 5

    竹内涼真vs手越祐也 明暗分かれたサッカーW杯キャスター評

  6. 6

    フジの中居MC計画潰した 「徹子の部屋」は元の放送時間へ

  7. 7

    強豪私学が相次ぎ予選敗退…公立高校が全国で“逆襲”のワケ

  8. 8

    結婚を前提に交際中…高畑充希を両親に紹介した坂口健太郎

  9. 9

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  10. 10

    最近目立つ暴力事件より高校野球で根深いのは“たばこ問題”

もっと見る