日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コメンテーターで活躍 パックンを引き上げた池上彰の眼力

 ハーバード大学卒業のお笑い芸人としてブレークした「パックンマックン」のボケを担当するパトリック・ハーランさん(44)。タレント活動のみならず、12年9月、東京工業大学の非常勤講師に就任した。推薦してくれた“恩人”はジャーナリストの池上彰さん(64)だ。

「突然ですが、講師をやってみませんか」

 池上さんからこんなお誘いの電話があったのは、12年の春でした。
 それがその年の9月から東京工業大学リベラルアーツセンターで非常勤講師を始めたきっかけです。もちろん迷わず、即決でした。

 後日おうかがいしたところによると、4月にセンターを立ち上げた際に「講義と講師をどうしようか」と、池上さんとセンター長の桑子敏雄教授、上田紀行教授が話し合ったそうです。その席で桑子教授から候補のひとりとして、ボクの名前が挙がり、池上さんが推薦して直接電話を下さった。本当にありがたい話です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事