• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

コメンテーターで活躍 パックンを引き上げた池上彰の眼力

 ハーバード大学卒業のお笑い芸人としてブレークした「パックンマックン」のボケを担当するパトリック・ハーランさん(44)。タレント活動のみならず、12年9月、東京工業大学の非常勤講師に就任した。推薦してくれた“恩人”はジャーナリストの池上彰さん(64)だ。

「突然ですが、講師をやってみませんか」

 池上さんからこんなお誘いの電話があったのは、12年の春でした。
 それがその年の9月から東京工業大学リベラルアーツセンターで非常勤講師を始めたきっかけです。もちろん迷わず、即決でした。

 後日おうかがいしたところによると、4月にセンターを立ち上げた際に「講義と講師をどうしようか」と、池上さんとセンター長の桑子敏雄教授、上田紀行教授が話し合ったそうです。その席で桑子教授から候補のひとりとして、ボクの名前が挙がり、池上さんが推薦して直接電話を下さった。本当にありがたい話です。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    サンドウィッチマン富澤 2007年M-1優勝の瞬間を振り返る

  8. 8

    生田悦子さん 最期の言葉は「サンドイッチ買ってきて」

  9. 9

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  10. 10

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

もっと見る