• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

芸名変更もアドバイス 関根勤が語る恩人・萩本欽一の“眼力”

 2年前に初めて映画監督に挑んだ作品が間もなく公開される関根勤さん。師匠といえば、言うまでもなく、萩本欽一さん。デビューこそ華やかだった関根さんが低迷していた頃、こんなふうに諭された。

「おまえら、テレビに出るのもいいけど、地下に潜れ。まず修業しろ」

 萩本さんに小堺(一機)君と2人揃ってこう言われたのは81年の春ごろ。僕が27歳、小堺君は25歳でした。

「何でイマイチ売れないか分かるか? それは面白い時と面白くない時の差があり過ぎるからなんだ。俺は50人ほどしか入らない浅草の芝居小屋で修業した。失敗もたくさんあったけど、技術を全部、身につけ、それから(坂上)二郎さんとコンビを組んだ。それで毎回90点以上出せたから、どんどんどんどん仕事が来たんだ」と。

 それで、僕らはその年の6月から毎週土曜日、下北沢のライブハウス「スーパーマーケット」でコントライブ「土曜の夜にしゃらくせえ」をやって、遅まきながら腕を磨いたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    関西圏から勧誘 花咲徳栄の岩井監督に聞く「選手集め」

  2. 2

    12年を経て…リア・ディゾンが明かした「黒船」の重圧と今

  3. 3

    逸材ゴロゴロ 夏の甲子園“契約金1億円”ドラ1候補7人の名前

  4. 4

    秋田・金足農の中泉監督が語る 球児の体力と練習の今昔

  5. 5

    国会議員は7割支持でも…安倍首相を襲う「地方票」の乱

  6. 6

    異例の事態 「翁長知事死去」海外メディア続々報道のワケ

  7. 7

    広島・丸と西武・浅村めぐり…巨・神でFA補強争奪戦が勃発

  8. 8

    スパイ容疑で拘束 北朝鮮に通った39歳日本人男性の行状

  9. 9

    安倍3選確実といわれる総裁選で国民に問われていること

  10. 10

    ちばてつや氏「権力者にを堂々とものを言える国であって」

もっと見る