芸名変更もアドバイス 関根勤が語る恩人・萩本欽一の“眼力”

公開日: 更新日:

 2年前に初めて映画監督に挑んだ作品が間もなく公開される関根勤さん。師匠といえば、言うまでもなく、萩本欽一さん。デビューこそ華やかだった関根さんが低迷していた頃、こんなふうに諭された。

「おまえら、テレビに出るのもいいけど、地下に潜れ。まず修業しろ」

 萩本さんに小堺(一機)君と2人揃ってこう言われたのは81年の春ごろ。僕が27歳、小堺君は25歳でした。

「何でイマイチ売れないか分かるか? それは面白い時と面白くない時の差があり過ぎるからなんだ。俺は50人ほどしか入らない浅草の芝居小屋で修業した。失敗もたくさんあったけど、技術を全部、身につけ、それから(坂上)二郎さんとコンビを組んだ。それで毎回90点以上出せたから、どんどんどんどん仕事が来たんだ」と。

 それで、僕らはその年の6月から毎週土曜日、下北沢のライブハウス「スーパーマーケット」でコントライブ「土曜の夜にしゃらくせえ」をやって、遅まきながら腕を磨いたんです。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    上昌広氏が“夜の街”叩きに警鐘「感染が蔓延するパターン」

  2. 2

    第2、第3どころか…木下優樹菜引退の裏にいる「4人の男」

  3. 3

    渡部建一家に海外逃亡計画 佐々木希が離婚を迷う2つの説

  4. 4

    火野正平の“人徳” 不倫取材なのに周りから笑みがこぼれる

  5. 5

    “シースルー看護師”が懲戒処分撤回後にモデルに抜擢され…

  6. 6

    綾瀬はるかと交際報道 韓国人俳優ノ・ミヌの気になる素性

  7. 7

    織田組長の絆會が近く解散を発表か 山健組の分裂話も浮上

  8. 8

    小池都政に隠蔽発覚「コロナ感染予測文書」を破棄していた

  9. 9

    一部のファンとの紐帯も切れた暴力団・山口組のやりっ放し

  10. 10

    沖縄基地で集団感染 米国コロナ蔓延危機も安倍政権は傍観

もっと見る