• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

妹ユミさん死去 「ザ・ピーナッツ」が日本に残した“足跡”

「ひとつの時代が終わった」――。こうつぶやいた人もいるだろう。

 双子姉妹のボーカルデュオ「ザ・ピーナッツ」の妹・伊藤ユミさんが5月18日に死去していたことが分かった。75歳だった。姉のエミさんは12年に死去。2人とも鬼籍に入ったことになる。

 ザ・ピーナッツは1959年にデビュー。「恋のバカンス」「恋のフーガ」などのヒット曲を発表し、テレビ番組「シャボン玉ホリデー」や映画「モスラ」で人気を博したのち、75年2月、引退を表明。同年6月、エミさんは7歳年下の沢田研二と結婚した(87年に離婚)。ユミさんは生涯独身を通した。

「2人とも引退後は一切テレビに出ず、実にきれいに芸能界を去りました」とは芸能評論家の肥留間正明氏だ。

「日本人の欧米コンプレックスを払拭してくれたコンビでした。歌唱力も表現力も一流で、いずみたくや宮川泰といった音楽界の大御所に磨きをかけられた。誰が聴いても“うまい”とうなる実力を引っ提げて、米国や西ドイツの人気テレビ番組に出演。それまでエルビス・プレスリーなどの洋楽に圧倒されていた若者は“どうだ、日本の音楽もレベルが高いだろ”と自信と希望を持つことができたのです。ピーナッツがいたから、その後のピンク・レディーが生まれたと言っても過言ではありません」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  5. 5

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  8. 8

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  9. 9

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る