• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

藤原紀香の披露宴 徳光和夫司会で気になる“アノ都市伝説”

 最新号の「週刊文春」が“梨園の妻”に納まった藤原紀香(44)の結婚披露宴の司会を、フリーアナの徳光和夫(75)が担当することが決まったと報じている。

 その決め方がいかにも紀香らしく、同誌によると6月頭にアポなしで徳光邸の近所まで来た上で、「今、近所に来ているんですけど」と“通告”し、夫の片岡愛之助(44)と2人で現れて披露宴司会を頼んでいったという。

 そこで気になるのは芸能界に流れるあの都市伝説、「徳光が司会をしたカップルは離婚率が高い」である。実は紀香は1度目の結婚式も徳光に司会を頼んでいた。大丈夫なのか。

「大物カップルの司会を多く引き受けているから、離婚が目立ってしまうのでしょうが、実際はそれほど高くありません。あるテレビ番組が実際の離婚率を丹念に調べたところ23%だったとか。これは日本人の平均(30%)より、ずっと少ない数字です」(プロダクション関係者)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍政権また後手後手 西日本豪雨の補正予算が置き去りに

  2. 2

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  3. 3

    日大アメフト部新監督 立命大OB内定に選手らは拒否反応

  4. 4

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  5. 5

    政財界とも結びつき深く…故・浅利慶太さんの「功と罪」

  6. 6

    傲慢でぶれない自民党と公明党 国民のことは考えていない

  7. 7

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  8. 8

    ドラマ引っ張りだこ 「高嶺の花」でも話題の峯田和伸って

  9. 9

    フジ主演ドラマ好発進も…山崎賢人に足りないアドリブの妙

  10. 10

    73歳会長と親密交際 華原朋美“天性の愛人”のジジ殺し秘術

もっと見る