二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

福岡県出身。大学卒業後、「微笑」(祥伝社)の記者に。その後、「Emma」「週刊文春」(ともに文芸春秋)をはじめ、多くの週刊誌、スポーツ新聞で芸能分野を中心に幅広く取材、執筆を続ける。フリー転身後はコメンテーターとしても活躍。

隠し子騒動再燃 片岡愛之助がおかした結婚会見翌日の過ち

公開日: 更新日:

 3月末に2人揃って晴れやかに結婚会見をした片岡愛之助(43)と藤原紀香(44)だが、身辺はどうも落ち着かない。9日に予定されていた香川「こんぴら歌舞伎大芝居」での梨園妻デビューは養父の片岡秀太郎(74)が「紀香が目立つことになるのは控えて欲しい」と要望したことから中止になった。

 これは秋に持ち越しになっただけだが、今度は「文春」が愛之助の隠し子の母の「怒りの告発」を掲載した。愛之助と当時、新地のホステスだった女性との間に生まれた男の子(現・高2)の問題。愛之助は「認知はしていない」としながらも隠し子の存在をすでに認めており、問題なく過ごしていた。実際、愛之助は人気を博するようになるとモテ男ぶりを発揮。浮名を流していた。そして、たどり着いた紀香との結婚――。

 隠し子の母の告発によれば、会見の翌日のタイミングで愛之助は弁護士を通じて「認知するかしないか」でDNA鑑定を要求してきたという。報道に対し、愛之助はブログで〈事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身大変驚いております〉とつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    朝ドラ熱演好評…三浦貴大“日本のマット・デイモン”の異名

  2. 2

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  3. 3

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  4. 4

    安倍政権批判封じ“SNS規制”完全裏目 ネット世論が返り討ち

  5. 5

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  6. 6

    作曲家デビューした裕一「福島行進曲」B面の作詞家は?

  7. 7

    真の経済効果は28兆円 空前絶後の閉店招く粉飾コロナ対策

  8. 8

    鉄腕DASHに登場 元TOKIO山口復帰と長男デビューの同時計画

  9. 9

    横山やすし師匠、あの理不尽な苦痛を俺は一生忘れません!

  10. 10

    “脇職人”みちょぱ 絶妙スタンスを生んだ彼女の飽きっぽさ

もっと見る