• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger
二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

隠し子騒動再燃 片岡愛之助がおかした結婚会見翌日の過ち

 3月末に2人揃って晴れやかに結婚会見をした片岡愛之助(43)と藤原紀香(44)だが、身辺はどうも落ち着かない。9日に予定されていた香川「こんぴら歌舞伎大芝居」での梨園妻デビューは養父の片岡秀太郎(74)が「紀香が目立つことになるのは控えて欲しい」と要望したことから中止になった。

 これは秋に持ち越しになっただけだが、今度は「文春」が愛之助の隠し子の母の「怒りの告発」を掲載した。愛之助と当時、新地のホステスだった女性との間に生まれた男の子(現・高2)の問題。愛之助は「認知はしていない」としながらも隠し子の存在をすでに認めており、問題なく過ごしていた。実際、愛之助は人気を博するようになるとモテ男ぶりを発揮。浮名を流していた。そして、たどり着いた紀香との結婚――。

 隠し子の母の告発によれば、会見の翌日のタイミングで愛之助は弁護士を通じて「認知するかしないか」でDNA鑑定を要求してきたという。報道に対し、愛之助はブログで〈事実とかけ離れた記事の内容が出ており、僕自身大変驚いております〉とつづった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    キムタクは“御一行”で…被災地を単身訪れた斎藤工との差

  2. 2

    徳永有美アナが古巣に復帰 「報ステ」現場は大ブーイング

  3. 3

    元SMAP3人は自由を謳歌 シャッフルして新たな仕事が急増中

  4. 4

    小川アナの左腕が物語る…嵐・櫻井翔“新恋人報道”の違和感

  5. 5

    大激怒から落胆へ…爆問・太田“裏口入学”報道の複雑胸中

  6. 6

    日本人拘束は進展ナシ…「安倍3選」を阻む北朝鮮の仕掛け

  7. 7

    太田光“裏口”報道は法廷へ 光代社長「橋下先生に委任状」

  8. 8

    流した浮名は数知れず 前田敦子&勝地涼“電撃婚”の舞台裏

  9. 9

    巨悪に甘い日本の大メディア 米新聞トランプ一斉批判で露呈

  10. 10

    県警・消防は380人動員 なぜ理稀ちゃんを発見できなかった

もっと見る