スケジュール白紙に…TOKIOが築地移転延期でとばっちり

公開日:  更新日:

 都議会の利権問題などに大ナタを振るうことを期待されている小池百合子都知事が就任早々、今年の11月に予定されていた築地市場の豊洲への移転の延期を表明した。

 移転に向け、着々と準備を進めていた各方面からは、続々と非難の声があがっているが、芸能界でとばっちりを受けたのが、ジャニーズ事務所のTOKIOの城島茂(45)と松岡昌宏(39)だという。

 2人は豊洲開場100日前の7月30日、都内で行われたイベントに出席し「豊洲市場応援大使」に就任。松岡は「新しく生まれ変わる市場で働く人たちの力になれるよう頑張ります」と気合十分だったのだが……。

「築地移転は東京都の事業でいわば“公共事業”。ジャニー喜多川社長が東京五輪に向けて並々ならぬ意気込みのジャニーズ事務所だけに、少しでも五輪に絡む仕事を積極的に取るようにお達しが出ているそうです。そこで、松岡と城島を豊洲の応援大使に押し込んだが、移転延期のせいで今後のイベントスケジュールが白紙になってしまいました」(芸能ジャーナリスト)

 松岡は現在、市場にほど近い湾岸エリアに居住しておりヤル気十分だったが、小池旋風のアオリで中ぶらりんだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

もっと見る