巨泉さんの遺影を見つめ…関口宏が弔辞に込めた反戦平和

公開日:  更新日:

 7月12日に急性呼吸不全で亡くなった大橋巨泉さん(享年82)のお別れ会「大橋巨泉さんを偲ぶ会」が5日、都内のホテルで開かれた。親交の深かった徳光和夫(75)、小倉智昭(69)、竹下景子(62)らが出席。弔辞はソフトバンクの王貞治球団会長(76)と関口宏(73)が務めた。

 関口は飾られた遺影を見つめながら「巨泉さんは『戦争はダメだ』と言っていましたね。でも、最近はそれも怪しくなってきましたね。そちらからでも大丈夫ですから言ってやってください」と語りかけていた。

 反安倍路線を最後の最後まで貫いた平和主義者だった巨泉さん。この日、姿を見せた「爆笑問題」も巨泉さんが“反安倍”を貫く姿を振り返った。昨年春、太田光(51)が総理主催の「桜を見る会」に出席。ラジオにゲスト出演した巨泉が「何で行ったんだ!」と激怒すると、太田は「会おうとしない姿勢がダメなんだよ!」と反論し、収拾のつかない生放送となった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    台湾4割スラッガー王柏融めぐり 巨人vs阪神で争奪戦勃発

  2. 2

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  3. 3

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    19歳ガングロで起業し注目「ギャル社長」藤田志穂さんは今

  6. 6

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  7. 7

    唯一トラックマン未導入でも…勝てる広島の「データ戦略」

  8. 8

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  9. 9

    OBも疑心暗鬼 巨人・由伸監督“続投示唆”から急失速のナゾ

  10. 10

    データ分析室も機能せず…巨人に“天敵投手”続々の真犯人

もっと見る