佐野実「ラーメン道」出身 藤井英次さんは4店のオーナー

公開日: 更新日:

「いやいや、実はもうこれ以上、店を増やすつもりはないんです。むしろ、減らしていこうかなと。お金や名誉より、自分が納得できるラーメンだけ作れたらいい。それには完全に自分の目と手が届く規模にせないかんでしょ。もういっぺん初心に帰って、素材選びからスープ作りまで考えてみようと思うてますねん」

 さて、滋賀県栗東市に生まれた藤井さんは7歳の時に父母が離婚。以来、妹と母子家庭で育ち、高校卒業後はレストランやバーで働いた。22歳で喫茶店を開業し結婚。しかし、30歳だった95年、奥さんは1男2女を残して家出、離婚してしまった。

「おふくろに助けてもらいながら喫茶店を切り盛りし、夜も別の商売をしてたんです。でも、そうなると子育てがおろそかになるでしょ。ラーメンなら手っ取り早く儲けられると思い、今の本店をオープンしたんです」

 だが、世の中そう甘くはない。毎日、仕込みに追われ、睡眠時間は1日4時間が精いっぱい。ストレスと、不規則な生活がたたり、開店2週間後には急性十二指腸潰瘍で病院に担ぎ込まれてしまった。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    長瀬智也「俺の家の話」クドカンが描く介護問題に賛否両論

  2. 2

    脚本に酷評続々「ウチ彼」…唯一救いは岡田健史の存在感

  3. 3

    ヤマダ電機の軍門に下るも赤字脱却ならず提携1年後に退任

  4. 4

    西田敏行「俺の家の話」車椅子姿の裏にある満身創痍の覚悟

  5. 5

    小池知事「全国知事会コロナ対策会議」5回連続欠席のナゼ

  6. 6

    「給付金は一律支給を」困っているのは低所得者も中間層も同じ

  7. 7

    日本の民主主義にとって百害あって一利なしの内閣広報官

  8. 8

    コワモテ菅長男は陽キャ…令和おじさんモノマネが鉄板ネタ

  9. 9

    「重要なのは人柄」社員に説得され重い腰を上げた創業者

  10. 10

    苛烈な親子喧嘩…勝久氏が久美子氏に叩きつけた“果たし状”

もっと見る