テレビ露出減も…お笑いコンビ「響」意外な副業で描く夢

公開日:  更新日:

 7、8年前、おデブのセーラー服女子高生“ミツコ”と学ランの“先輩”のキャラクターに扮したコントが大いにウケたお笑いコンビ「響」。“ミツコ”がしかめっ面で「どうもすいませんでした!」とキレるギャグに腹を抱えたが、最近、あまり見かけない。今どうしているのか。

 会ったのは東京メトロ外苑前駅に近い所属事務所。ファッション、体格は相変わらずだ。

「今がピークで163センチ、130キロ。3年前、ダイエット商品『ごほうびシェイク』のPRの契約をさせていただき、実際に飲んで7カ月で40キロ痩せました。ところが、直後に舞台の仕事で“戻してくれ”と言われ、2週間で20キロ増量したら、その後も同じ量を食べないと満足できなくなっちゃって」

 セーラー服姿の長友さん、まずはこう言った。

「ボクも10キロダイエットし、その後、5キロ戻りました。ボクの場合は幸せ太り、ハハハ」(小林)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  2. 2

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  3. 3

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  4. 4

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  5. 5

    暴言騒動の久保田&武智…“じゃない方”はブレークの好機か

  6. 6

    上沼恵美子に暴言 スーマラ武智「更年期」の致命的無理解

  7. 7

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  8. 8

    長男が名門私立小へ 小倉優子“不屈のシンママ魂”で再婚も

  9. 9

    検査入院発表も…二階幹事長は2週間不在で“重病説”急浮上

  10. 10

    安倍内閣の支持率下落 “首相応援団”の世論調査で3カ月連続

もっと見る