• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

土屋太鳳が告白 松田聖子も受けた“舌の手術”と滑舌の関係

 女優の土屋太鳳(21)が過去に滑舌の悪さがコンプレックスだったため、デビュー前に舌の裏を切る手術を受けていたことを告白して話題になっている。

 10日の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)に出演した本人が明らかにしたもので、それによると「小学校から大声を出すと枯れちゃうし、ずっとガラガラだったため」、今後女優としてやっていくために高校2年の時に思い切って決断したという。

 この手術、実は松田聖子(54)も受けたことがあるもの。かつて日刊ゲンダイに「芸能事件40年」を連載していた芸能リポーターの故・梨元勝氏がこう書いていた。

〈聖子が久留米の実家から通っていた福岡市内の平尾昌晃主宰の音楽学院。そこの若い先生によると、聖子は「ラリルレロ」の発音が良くなかった。そこで「そんなことじゃ、とてもプロの歌手にはなれないぞ」と注意したところ、1週間後、聖子はそれまで通りの様子で再びレッスンに来ました。「先生、ワタシ、舌の裏の神経を1本切りました。ラリルレロの発音はもう大丈夫です」と言って〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事