土屋太鳳が告白 松田聖子も受けた“舌の手術”と滑舌の関係

公開日: 更新日:

 女優の土屋太鳳(21)が過去に滑舌の悪さがコンプレックスだったため、デビュー前に舌の裏を切る手術を受けていたことを告白して話題になっている。

 10日の「白熱ライブ ビビット」(TBS系)に出演した本人が明らかにしたもので、それによると「小学校から大声を出すと枯れちゃうし、ずっとガラガラだったため」、今後女優としてやっていくために高校2年の時に思い切って決断したという。

 この手術、実は松田聖子(54)も受けたことがあるもの。かつて日刊ゲンダイに「芸能事件40年」を連載していた芸能リポーターの故・梨元勝氏がこう書いていた。

〈聖子が久留米の実家から通っていた福岡市内の平尾昌晃主宰の音楽学院。そこの若い先生によると、聖子は「ラリルレロ」の発音が良くなかった。そこで「そんなことじゃ、とてもプロの歌手にはなれないぞ」と注意したところ、1週間後、聖子はそれまで通りの様子で再びレッスンに来ました。「先生、ワタシ、舌の裏の神経を1本切りました。ラリルレロの発音はもう大丈夫です」と言って〉

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る