• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

朝ドラ「まれ」ヒロイン 土屋太鳳にNHKがベタ惚れする理由

 30日からスタートした新NHK朝ドラ「まれ」のヒロイン、土屋太鳳に対する関係者の期待は異様なまでに高い。芸能マスコミが「今春大ブレーク必至女優」と持ち上げれば、映画関係者は「とことん役のことを考えつくす将来の大女優候補」と絶賛。

 過去の共演者や制作スタッフにも愛されており「今後が楽しみ」「応援している」と口を揃えてその才能と人柄を褒める。「花子とアン」で共演した吉高由里子に至っては、土屋が「まれ」のヒロインに決まったと聞いて泣いて喜んだとも言われている。

 中でも別格なのはNHK。何と3月末にスタートする番組のヒロインを大晦日の紅白歌合戦にまで引っ張り出してバックアップ。オープニング曲の作詞をヒロインに担当させるのも朝ドラ史上初のこと。2月3日には撮影の合間にサプライズ誕生会を演出してヒロインをもり立ててもいる。

「NHKには土屋を見いだして育ててきたという自負があるのでしょう。ドラマデビューが10年の『龍馬伝』、11年には『おひさま』に起用、それ以降は『真夜中のパン屋さん』『今夜は心だけ抱いて』『花子とアン』と、次第に重要な役を当てて育て、ついに今回、オーディションで本人から“私にチャンスをください!”と懇願され、ヒロインに抜擢しました。これはNHKが土屋の女優としての“素材”に惚れ込んでいるとしか言いようがない」(芸能ライター)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  2. 2

    虎最下位で金本続投白紙…後任に掛布・岡田という“断末魔”

  3. 3

    投票の“証拠写メ”強制…沖縄知事選で自公が異常な締めつけ

  4. 4

    浮沈はサーシャに…大坂なおみ“女王君臨”への落とし穴

  5. 5

    ラミ監督は窮地…DeNA“横浜回帰”で浮上する次期監督の名前

  6. 6

    杉田水脈議員“擁護論”の怪 「論として成立」していない

  7. 7

    テニス協会が大坂なおみへ 全米V報奨金800万円は妥当か

  8. 8

    貿易戦争 中国の切り札「米国債売却」で日本にシワ寄せ

  9. 9

    巨人が4年連続V逸…広島をマネしたくてもできない断末魔

  10. 10

    大坂なおみに完敗 女王セリーナが全米決勝で逆上した真相

もっと見る