ベッキー地上波出演で復活気分も 古巣から“過去の人扱い”

公開日: 更新日:

 ベッキー(32)が、ようやく地上波復帰。先の情報バラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)に、ゲストコメンテーターとして出演し、“元カレ”である「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との交際や、先日発表されたバンドの活動自粛について語った。

「ことし5月、TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演した際は、TBS以外の局に義理を欠いたとバッシングされたんです。その苦い経験もあって、番組放送の2日前にチーフマネジャーが各局を挨拶回りしていました。もっとも、その言動には『オタクが使ってくれないからフジに出るんだ』という恨み節がありありで、嫌な感じでしたね」(キー局プロデューサー)

 今回は地ならしもして完全復帰といきたいのだろうが、現実は厳しい。最もレギュラーの多かった日本テレビが「過去の人扱い」だというのだ。ベッキー抜きで放送中の「世界の果てまでイッテQ!」「天才!志村どうぶつ園」は高視聴率をキープしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内涼真は東出級の反感も…コロナ禍に同棲女優追い出し報

  2. 2

    安倍首相「逃げ恥作戦」大誤算…G7サミット延期で計画倒れ

  3. 3

    杏とは“リモート離婚”…東出昌大のイバラ道はまだまだ続く

  4. 4

    緊急事態延長で深まる親子の溝 東出昌大と重なる父の苦悩

  5. 5

    東京都「ステップ2」に移行 “第2波”危険スポットはどこだ

  6. 6

    交際報道めぐり発覚「平祐奈vs橋本環奈」熾烈な争いと因縁

  7. 7

    浪費はないはずなのに…定年後の1年で200万円が消えたナゼ

  8. 8

    使い道明確に…バド奥原の問題提言で露呈した悪しき慣習

  9. 9

    日立は在宅勤務に舵 アフターコロナのサラリーマン生活

  10. 10

    松本穂香の出演は2年で10本!唐田えりかの“敵失”で急浮上

もっと見る