• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ベッキー地上波出演で復活気分も 古巣から“過去の人扱い”

 ベッキー(32)が、ようやく地上波復帰。先の情報バラエティー「ワイドナショー」(フジテレビ系)に、ゲストコメンテーターとして出演し、“元カレ”である「ゲスの極み乙女。」の川谷絵音(27)との交際や、先日発表されたバンドの活動自粛について語った。

「ことし5月、TBS系『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』に出演した際は、TBS以外の局に義理を欠いたとバッシングされたんです。その苦い経験もあって、番組放送の2日前にチーフマネジャーが各局を挨拶回りしていました。もっとも、その言動には『オタクが使ってくれないからフジに出るんだ』という恨み節がありありで、嫌な感じでしたね」(キー局プロデューサー)

 今回は地ならしもして完全復帰といきたいのだろうが、現実は厳しい。最もレギュラーの多かった日本テレビが「過去の人扱い」だというのだ。ベッキー抜きで放送中の「世界の果てまでイッテQ!」「天才!志村どうぶつ園」は高視聴率をキープしている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  3. 3

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  4. 4

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  5. 5

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  6. 6

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  7. 7

    広島追撃にキーマン不在…巨人・坂本は長期離脱の可能性も

  8. 8

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  9. 9

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  10. 10

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

もっと見る