「ゲス極」所属レコード会社で進む“ゲスのリストラ”実態

公開日:  更新日:

 ボーカルの川谷絵音(27)が当時未成年だった女性タレントとの飲酒の事実を認め、当面の活動自粛を決めたロックバンド「ゲスの極み乙女。」。これを受け、4日、所属レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンも12月に予定されていたCDの発売を中止すると発表した。

 川谷のせいでとんだ災難だが、実はそのワーナー自体もリストラ騒動に揺れている。今月3日、元部長A氏(54)が、解雇は無効だとして、地位確認を求める労働審判を東京地裁に申し立てたのだ。

 A氏にワーナーのリストラ手法を聞くと、まさに“ゲスの極み”。早期退職の募集が始まったのは昨夏で、人材大手リクルートホールディングスの子会社の助言を得ながらリストラが進められたという。A氏も幹部らと面談を繰り返し、応募を促されたが、退職を拒否。すると、「転職先が見つかるまで待機」を命じられたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    毒づきがアダに…和田アキ子"平成ラスト紅白"落選は当然か

  2. 2

    また仰天答弁…桜田五輪相は地元も見放した“柏の出川哲朗”

  3. 3

    豊洲市場開場から1カ月…腐敗臭に続きの床が「穴」だらけ

  4. 4

    “原爆Tシャツ”波紋のBTS 「紅白落選」の影響と隠れた本音

  5. 5

    宮沢りえホクロ取って正解? 鑑定歴25年の占い師に聞いた

  6. 6

    日米野球で打率4割 SB柳田“33歳でメジャー挑戦”の現実味は

  7. 7

    BTSと東方神起は紅白落選…TWICEだけが残ったワケ

  8. 8

    キムタクと2ショット解禁 コウキ操る静香のシタタカ戦略

  9. 9

    巨人“台湾の大王”王柏融スルーは広島FA丸取り自信の表れ

  10. 10

    鼻を突く生臭さ…豊洲市場の内外で漂い始めた「腐敗臭」

もっと見る