• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

「ゲス極」所属レコード会社で進む“ゲスのリストラ”実態

 ボーカルの川谷絵音(27)が当時未成年だった女性タレントとの飲酒の事実を認め、当面の活動自粛を決めたロックバンド「ゲスの極み乙女。」。これを受け、4日、所属レコード会社ワーナーミュージック・ジャパンも12月に予定されていたCDの発売を中止すると発表した。

 川谷のせいでとんだ災難だが、実はそのワーナー自体もリストラ騒動に揺れている。今月3日、元部長A氏(54)が、解雇は無効だとして、地位確認を求める労働審判を東京地裁に申し立てたのだ。

 A氏にワーナーのリストラ手法を聞くと、まさに“ゲスの極み”。早期退職の募集が始まったのは昨夏で、人材大手リクルートホールディングスの子会社の助言を得ながらリストラが進められたという。A氏も幹部らと面談を繰り返し、応募を促されたが、退職を拒否。すると、「転職先が見つかるまで待機」を命じられたそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の政治・社会記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    正反対キャラを演じきる 佐藤健“視聴率40%男”の存在感

  2. 2

    沖縄県知事選で“黒歴史”隠し 佐喜真候補にもう一つの疑惑

  3. 3

    “元彼”と同時引退? 幻に消えた安室奈美恵の「再婚」報道

  4. 4

    花田家は崩壊寸前…貴乃花親方は協会批判し妻は見舞い拒否

  5. 5

    焼肉通いは序章…星野源が狙われる新垣結衣との要塞デート

  6. 6

    追悼・樹木希林さん 貫いた“奇妙な夫婦愛”と“ドケチ伝説”

  7. 7

    二宮和也はジャニーズの“条件”拒み…伊藤綾子と来年結婚か

  8. 8

    安倍自民がブチあげ「省庁再々編」は国民ダマしの常套手段

  9. 9

    安倍首相が総裁選で獲得 地方票「55%」の怪しいカラクリ

  10. 10

    吉澤ひとみの逮捕で…「元モー娘。」相次ぐ謝罪の違和感

もっと見る