• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

松ちゃん歓迎ムード醸成 ベッキー電光石火の芸能界復活劇

 タレントのベッキー(32)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。約5カ月ぶりの地上波テレビ“復帰”となった。司会の松本人志らを相手に人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動も正面から語っていて、芸能界や世間からの評判は上々だ。

 最近2週間のベッキーの動きをみると、まさに電光石火の“復活劇”といえる。9月29日発売の週刊文春がゲス・川谷とモデル・ほのかりん(20)の交際疑惑を報じたその日に、上半身裸となった広告を日本経済新聞に掲載。重なったのは偶然の一致だったようだが10月1日にはラジオの生放送に出演するため、長かった髪をバッサリと切ったショートカット姿で報道陣の前に現れて驚かせた。

 3日にはゲス・川谷が当時未成年だった、ほのかりんとの飲酒を理由に活動自粛を発表。これで「最低最悪なのはゲス。ベッキーは被害者」という流れができあがった。8日にはファッションイベントにサプライズ出演。さらに、9日の「ワイドナショー」出演へと続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    浮いた話もなし…波留の“私生活”がベールに包まれるナゾ

  2. 2

    なぜ? 「大阪万博」スポンサーに米国カジノ企業が次々と

  3. 3

    安倍首相を守り栄転 太田理財局長は“論功行賞”で主計局長

  4. 4

    野田聖子氏周辺に疑惑 仮想通貨「GACKTコイン」接点は?

  5. 5

    90年代はやりたい放題だった…とんねるずへのノスタルジー

  6. 6

    48歳・仙道敦子「この世界の片隅に」で女優復帰の舞台裏

  7. 7

    ユニクロの狙いは? フェデラーと“10年300億円契約”の意味

  8. 8

    乃木坂46白石麻衣 不可解なドタキャン騒動に大ブーイング

  9. 9

    安倍首相を悩ませる 金正恩の「拉致問題」への対応一変

  10. 10

    ZOZO騒がれた日の皮肉 老舗球団は新興勢力に5年で抜かれる

もっと見る