松ちゃん歓迎ムード醸成 ベッキー電光石火の芸能界復活劇

公開日:  更新日:

 タレントのベッキー(32)が9日放送のフジテレビ系「ワイドナショー」に出演。約5カ月ぶりの地上波テレビ“復帰”となった。司会の松本人志らを相手に人気ロックバンド「ゲスの極み乙女。」のボーカル・川谷絵音(27)との不倫騒動も正面から語っていて、芸能界や世間からの評判は上々だ。

 最近2週間のベッキーの動きをみると、まさに電光石火の“復活劇”といえる。9月29日発売の週刊文春がゲス・川谷とモデル・ほのかりん(20)の交際疑惑を報じたその日に、上半身裸となった広告を日本経済新聞に掲載。重なったのは偶然の一致だったようだが10月1日にはラジオの生放送に出演するため、長かった髪をバッサリと切ったショートカット姿で報道陣の前に現れて驚かせた。

 3日にはゲス・川谷が当時未成年だった、ほのかりんとの飲酒を理由に活動自粛を発表。これで「最低最悪なのはゲス。ベッキーは被害者」という流れができあがった。8日にはファッションイベントにサプライズ出演。さらに、9日の「ワイドナショー」出演へと続いた。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  4. 4

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  5. 5

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  6. 6

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  7. 7

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

  8. 8

    ケータイ料金節約のコツは「通話が多いか否か」で決める

  9. 9

    虎ファンのヤジもどこ吹く風 阪神ドラ1近本の意外な評判

  10. 10

    英国「合意なきEU離脱」直撃 業績悪化危機の日系企業21社

もっと見る