二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

裸一貫も中途半端 ベッキーに欠けた「優等生」からの卒論

公開日:  更新日:

 単なる偶然だろうか――。

 ベッキー(32)が動くとき“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音(27)の動向も伝えられる。まるで切っても切れない関係のようにも見えてくる。ベッキーが心機一転、出版社の新聞広告に長い髪をばっさり切り、背中ヌードで登場。実質の出直し宣言。川谷は「未成年アイドルとのお泊まり愛」の記事が載った「文春」の新聞広告が同じ日に出ていた。川谷は「未成年にお酒を飲ませた」社会的な責任を取り、12月3日をもって休業に入る。

 不倫騒動後もマイペースだった川谷。音楽活動は順調。女遊びも不自由する様子もなかった。ミュージシャンは昔からモテる職種。旧知の元ミュージシャンは「パンツをはく暇もなかった」と笑いながら、「川谷もなまじメジャーにならなければ音楽をやりながら自由に女遊びができたのに」という。

 今や「日本一有名なミュージシャン」になった川谷。ベッキーとの不倫がなければ、無名タレントとの関係など報じられることはなかっただろう。これでゼロからの出直し。対照的にベッキーはゼロを脱出。再び動き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    森友問題の反省ナシ…昭恵夫人が公然と野党批判の“妄言”

  2. 2

    第2の加計問題? “漁業潰し”仕掛人は規制改革のメンバー

  3. 3

    巨人マギーの報われない退団 「世代交代」とは遠い実情

  4. 4

    自画自賛が一転…“イッテQ疑惑”対応を誤った日テレの痛恨

  5. 5

    原爆Tシャツ、ナチス帽…「BTS」日本への“本格進出”は白紙

  6. 6

    呆れた安倍内閣 「徳」なし総理の下「徳」なし大臣集まる

  7. 7

    巨人のFA丸獲得は“天敵”広島対策 最強オプションの提示も

  8. 8

    巨人原監督“正捕手起用”の意向…炭谷のFA補強に西武OB警鐘

  9. 9

    原監督は明言も…巨人・岡本「来季三塁構想」の信ぴょう性

  10. 10

    巨人が"第3捕手"と"右の代打"に年俸1.5億円ずつは本当か

もっと見る