二田一比古
著者のコラム一覧
二田一比古ジャーナリスト

裸一貫も中途半端 ベッキーに欠けた「優等生」からの卒論

公開日:  更新日:

 単なる偶然だろうか――。

 ベッキー(32)が動くとき“ゲスの極み乙女。”の川谷絵音(27)の動向も伝えられる。まるで切っても切れない関係のようにも見えてくる。ベッキーが心機一転、出版社の新聞広告に長い髪をばっさり切り、背中ヌードで登場。実質の出直し宣言。川谷は「未成年アイドルとのお泊まり愛」の記事が載った「文春」の新聞広告が同じ日に出ていた。川谷は「未成年にお酒を飲ませた」社会的な責任を取り、12月3日をもって休業に入る。

 不倫騒動後もマイペースだった川谷。音楽活動は順調。女遊びも不自由する様子もなかった。ミュージシャンは昔からモテる職種。旧知の元ミュージシャンは「パンツをはく暇もなかった」と笑いながら、「川谷もなまじメジャーにならなければ音楽をやりながら自由に女遊びができたのに」という。

 今や「日本一有名なミュージシャン」になった川谷。ベッキーとの不倫がなければ、無名タレントとの関係など報じられることはなかっただろう。これでゼロからの出直し。対照的にベッキーはゼロを脱出。再び動き出した。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  2. 2

    地方は“安倍自民NO” 高知新聞「内閣支持率26%」の衝撃

  3. 3

    JOC会長を猛批判 小池知事に長男・竹田恒泰氏との“因縁”

  4. 4

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  5. 5

    常盤貴子「グッドワイフ」上昇のカギは美魔女の輝きと気概

  6. 6

    高校ラグビー決勝戦で話題に 各地の「桐蔭」の由来は?

  7. 7

    上田慎一郎監督が語る 10年前の小説から「カメ止め」まで

  8. 8

    カリスマ経営者が警告「リーマンに近いことに」の現実味

  9. 9

    史上最弱横綱・稀勢の里 引退した途端“英雄扱い”の違和感

  10. 10

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

もっと見る