夏目かをる
著者のコラム一覧
夏目かをる作家

秋田県大館市出身。立教大学文学部卒。出版社、テレビドラマ制作会社、絵本編集者を経てフリーとして活動中。恋愛婚活結婚コラム、映画コラムなど幅広く活動中。 「英語でリッチ!」(アーク出版)で第12回ライターズネットワーク大賞受賞 。新著は小説「ボディ・クラッシュ」(河出書房新社)。

松坂慶子は衰え知らず 最高傑作「死の棘」までの紆余曲折

公開日: 更新日:

 60歳を越えても華のある女優といえば、松坂慶子(64)を思い浮かべる人も多いだろう。今やCMのコミカルさがすっかり定着しているが、第43回カンヌ国際映画祭で審査員グランプリと国際映画批評家連盟賞を受賞した「死の棘」(小栗康平監督・1990年)で主演を務めた。

 映画批評家の前田有一氏は「松坂さんの最高傑作は間違いなく『死の棘』。正真正銘の国際派女優です」と絶賛する。

「類のない美貌とエロスで『愛の水中花』をヒットさせ、映画『五番町夕霧楼』や『蒲田行進曲』でブレーク。『火宅の人』『上海バンスキング』などで男性ファンをとりこにしたが、テレビでは視聴率を取れなかった。女性ファンがつかなかったせいです」(放送関係者)

 数々の作品を共に作ってきた深作欣二監督との不倫が、女性ファンを遠ざけたと芸能リポーターの川内天子氏が、当時を振り返る。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    休校期間中のスペイン旅行で娘が感染 呆れた親のモラル

  2. 2

    深酒にガールズバー…志村けんコロナ感染で濃厚接触者多数

  3. 3

    Cocomiデビューも炎上 キムタク参画ではじく静香の皮算用

  4. 4

    昭恵夫人が“桜を見る会” 花見自粛要請中に私的開催の仰天

  5. 5

    コロナ禍でもビーチで遊んでいた若者が…過ちに気づき懺悔

  6. 6

    中小企業を襲う“コロナ倒産ドミノ” 5月GWがタイムリミット

  7. 7

    「官邸官僚」の嘘と罪 ゲーム感覚で権力振るうモンスター

  8. 8

    コロナ対策批判され「辞めたるわ」大阪・守口市長が暴言

  9. 9

    阪神藤浪コロナ感染で球界激震…4.24開幕ありきの自業自得

  10. 10

    男子ゴルフツアーでクーデター 大量41人が青木体制に“NO”

もっと見る