女性が共感 “海老蔵ママ”堀越希実子さんに驚異の主婦力

公開日:

 中高年に人気で、売り切れ店が続出している話題の本が「成田屋の食卓」(世界文化社)だ。著者は、12代目市川團十郎夫人・市川海老蔵の母、堀越希実子氏。アマゾンのエッセー部門ランキング1位、発売2カ月弱で8刷、5万6000部を発売したというから驚きだ。

 1年間密着し、季節の家庭料理やもてなし料理を撮影。エッセー部分では嫁の小林麻央の第一印象、病気への励ましなどもつづられている。購入者のメーンは30~50代の女性が約4割、50代以上の女性が3割弱、20代が1割弱、男性も購入しているという。

「40年間、毎日料理を作っているリアルさが支持されています。大人数のもてなし料理もありますが、洋食もあり、一般家庭とかけ離れた料理ではないところに共感されています。“家族においしいものを食べさせたい”一心で工夫をされているのが伝わるレシピばかりなのが主婦層の支持を得ているようです。希実子さんは、お姑さんが亡くなられてから嫁いで苦労しただけに、次の世代の麻央さんたちに伝えたいというお気持ちが強かったところも共感を得られたのだと思います」(担当編集者)

 長男・海老蔵のもろもろの事件では一切顔を出さず裏方に徹していた希実子氏。多くを語ることなく家族を支えてきた“エビママ”は今や中高年のカリスマ的存在のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    安倍官邸“大号令”か 厚労省「実質賃金上昇率」水増し工作

  2. 2

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  3. 3

    引退の稀勢の里を支える“太いタニマチ”と6000万円の退職金

  4. 4

    CM中止で加速…NGT48イジメの構図と暴行事件の“犯人”探し

  5. 5

    前のめり安倍首相に露が食わす「条文作成」の毒まんじゅう

  6. 6

    専門医は「説明不能」…米11歳少女の悪性脳腫瘍が消えた!

  7. 7

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  8. 8

    菊川怜の夫は裁判沙汰に…女性芸能人が“成金”を選ぶリスク

  9. 9

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  10. 10

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

もっと見る