• facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

女性が共感 “海老蔵ママ”堀越希実子さんに驚異の主婦力

 中高年に人気で、売り切れ店が続出している話題の本が「成田屋の食卓」(世界文化社)だ。著者は、12代目市川團十郎夫人・市川海老蔵の母、堀越希実子氏。アマゾンのエッセー部門ランキング1位、発売2カ月弱で8刷、5万6000部を発売したというから驚きだ。

 1年間密着し、季節の家庭料理やもてなし料理を撮影。エッセー部分では嫁の小林麻央の第一印象、病気への励ましなどもつづられている。購入者のメーンは30~50代の女性が約4割、50代以上の女性が3割弱、20代が1割弱、男性も購入しているという。

「40年間、毎日料理を作っているリアルさが支持されています。大人数のもてなし料理もありますが、洋食もあり、一般家庭とかけ離れた料理ではないところに共感されています。“家族においしいものを食べさせたい”一心で工夫をされているのが伝わるレシピばかりなのが主婦層の支持を得ているようです。希実子さんは、お姑さんが亡くなられてから嫁いで苦労しただけに、次の世代の麻央さんたちに伝えたいというお気持ちが強かったところも共感を得られたのだと思います」(担当編集者)

 長男・海老蔵のもろもろの事件では一切顔を出さず裏方に徹していた希実子氏。多くを語ることなく家族を支えてきた“エビママ”は今や中高年のカリスマ的存在のようだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    太った? 元AKB小嶋陽菜のムッチリ体型にファン容赦なし

  2. 2

    英紙も警告 2020年の東京五輪は“殺人オリンピック”になる

  3. 3

    豪雨初動遅れも反省なし…安倍政権が強弁するウソと言い訳

  4. 4

    ZOZO社長とW杯決勝観戦 剛力彩芽“はじけっぷり”に心配の声

  5. 5

    否定会見で墓穴 古屋圭司議員の“裏金”疑惑ますます深まる

  6. 6

    検察は動くか アベトモ古屋議員に裏金疑惑が浮上 

  7. 7

    “苦戦の戦犯”は金本監督 阪神の凡ミス多発は意識の低さ

  8. 8

    助っ人はベンチに 阪神・金本監督はロサリオが嫌いなのか

  9. 9

    主砲にも日本語でタメ口 エンゼルス大谷「英語力」の謎

  10. 10

    9月の過密日程より心配 阪神が抱える“ロサリオ・大山問題”

もっと見る