CMで美声の上白石萌歌 「君の名は。」で売れた姉に続くか

公開日: 更新日:

 映画に歌に小説に「君の名は。」旋風が巻き起こる中、ヒロインの声を務めた若手女優・上白石萌音(18=円内)にとっても2016年は大飛躍の一年となった。

 23日放送の「Mステ」特番は同映画の主題歌「なんでもないや」の“上白石バージョン”を熱唱。口パクのアイドル歌手らを寄せ付けない圧倒的な声量と透き通った美声を披露したのだが、あれれ? その直後のCMでは、輪をかけて透明感のあるソックリの歌声が……。「キリン 午後の紅茶」の新CMがそれ。

 山あいをバックに駅のホームでヘッドホンをつけた女子高生がひとり、♪手ぇ~を~つ~な~ご~う~とアカペラでCharaの「やさしい気持ち」を歌っているのだが、似ているのもさもありなん。CMに出演している女の子は、“君の名は女優”の実妹の上白石萌歌(16)なのだ。

 11年開催の「第7回東宝シンデレラオーディション」で満場一致のグランプリに輝き、芸能界入り。姉は同オーディションで審査員特別賞だったことを考えるとポテンシャルはそれ以上か。来年は姉妹そろって楽しみな一年になりそうだ。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    出演番組が不発…東山紀之が背負う“ジャニーズ幹部”の重圧

  2. 2

    激化する自民党「内部抗争」田畑“ゲス”議員の離党で火に油

  3. 3

    元カノ小川アナは結婚…櫻井翔“クソ甘えん坊”の険しい前途

  4. 4

    ジャニーズ事務所<2>アイドルも経営陣も世代交代の転換期

  5. 5

    NHK“ポスト有働”和久田アナ 民放とは一線画す華ある本格派

  6. 6

    ジャニーズ事務所<1>スキを見せない「帝国」に生じた軋み

  7. 7

    都Fが公明を突然裏切り…都議会与党ついに「分裂」の裏側

  8. 8

    栗山監督が上機嫌で 日ハム輝星「開幕3戦目先発」に現実味

  9. 9

    「きっかけは私」島袋寛子が匂わせたSPEED解散“複雑理由”

  10. 10

    広島・涼介が明かす “長野効果”と歓迎会での珍エピソード

もっと見る