日刊ゲンダイDIGITAL

  • facebook  
  • twitter  
  • Facebook Messenger

ゼクシィCMに広瀬すず 待望の“美人姉妹”に高まる期待

姉のアリスは“あの話題ドラマ”に出演中

 美少女タレントの登竜門といわれるCMに起用されたとなれば、ガ然、将来が楽しみになる。女優の広瀬すず(15)が20日、純白のウエディング姿で登場。結婚情報誌「ゼクシィ」の7代目CMガールに抜擢された。

 適齢期とは言いがたい起用だが、気にしてはいけない。
 初代の加賀美セイラ(当時13)、2代目の加藤ローサ(同18)、4代目の倉科カナ(同18)と歴代のゼクシィガールも10代であった。

 新CMではプロポーズされる女性を熱演。箭内道彦プロデューサーが「24年間この仕事をやっていますが、すずさんの表情を見ていたら、初めて涙が止まらなくなりました」と絶賛するぐらい訴えかけるものがあるようだ。

 ティーン誌の専属モデル出身。今年に入ってメキメキと頭角を現してきた。
 昨春の「幽かな彼女」でドラマデビュー、秋には宮藤官九郎作品の「謝罪の王様」でスクリーンデビューを果たし、現在は連続ドラマ「ビター・ブラッド」(フジテレビ系)で主人公の妹役を演じている。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事