東宝が最高益 新海誠監督は「君の名は。」でいくら稼いだ

公開日: 更新日:

 東京・日比谷にある本社ビルから高笑いが聞こえてきそうだ。映画会社大手の「東宝」は17日、2017年2月期連結決算の業績予想を上方修正し、最終利益が過去最高の330億円(前期比27.7%増)になる見通しだと発表した。

 好業績を支えたのは、映画「シン・ゴジラ」と「君の名は。」のダブルヒット。なかでも「君の名は。」は「ここまでの大ヒットは想定していなかった」(東宝・浦井敏之常務)とうれしい悲鳴を上げるように大化けした作品だ。公開から2カ月で興行収入154億円を突破し、「ここにきて少し客足は落ちているが、少なくとも最終で180億円は堅い」(映画興行関係者)となれば、同社の最高益「再」更新発表もあり得るかもしれない。

 そんな日本映画界における「東宝ひとり勝ち」の立役者である新海誠監督(43)。下世話ながら手にしたギャラは一体、ナンボなのか気になるところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    専門家も警鐘 南海トラフ巨大地震“前兆”続々発生の不気味

  2. 2

    相次ぐ噴火で火山灰蓄積…“災害級”冷夏の到来を専門家が指摘

  3. 3

    やはり“首相案件”「毎月勤労統計」賃金カサ上げのシナリオ

  4. 4

    良好な経済指標ズラリ 民主党政権は本当に“悪夢”だったか

  5. 5

    安倍首相イージス・アショア導入は「自宅から通えるから」

  6. 6

    嘘とごまかしだらけ…安倍化した日本はかなり劣化した

  7. 7

    結果が出る前に…安倍政権は沖縄県民投票“ガン無視”モード

  8. 8

    フジ宮司アナは“夜の女神”へ…トップクラスの美貌とMC技術

  9. 9

    陸自の特殊作戦群の創始者が語る「武」を放棄した国の哀れ

  10. 10

    テレ朝・弘中綾香アナ“最大の武器”はマイペースと強心臓

もっと見る