東宝が最高益 新海誠監督は「君の名は。」でいくら稼いだ

公開日:

 東京・日比谷にある本社ビルから高笑いが聞こえてきそうだ。映画会社大手の「東宝」は17日、2017年2月期連結決算の業績予想を上方修正し、最終利益が過去最高の330億円(前期比27.7%増)になる見通しだと発表した。

 好業績を支えたのは、映画「シン・ゴジラ」と「君の名は。」のダブルヒット。なかでも「君の名は。」は「ここまでの大ヒットは想定していなかった」(東宝・浦井敏之常務)とうれしい悲鳴を上げるように大化けした作品だ。公開から2カ月で興行収入154億円を突破し、「ここにきて少し客足は落ちているが、少なくとも最終で180億円は堅い」(映画興行関係者)となれば、同社の最高益「再」更新発表もあり得るかもしれない。

 そんな日本映画界における「東宝ひとり勝ち」の立役者である新海誠監督(43)。下世話ながら手にしたギャラは一体、ナンボなのか気になるところだろう。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    国家公務員ボーナス支給 実は日産ゴーン並みの“過少発表”

  2. 2

    水道民営化で特需か 仏ヴェオリア日本人女性社長の“正体”

  3. 3

    許せないのは金本監督を切った後の阪神の「作法の冷酷」さ

  4. 4

    M-1芸人の暴言騒動で存在感 上沼恵美子の“女帝エピソード”

  5. 5

    日ロ交渉はお先真っ暗…完黙でつけ込まれる河野“無能”外相

  6. 6

    「第2の貴ノ岩」の懸念も…貴乃花が置いていった7人の地雷

  7. 7

    「興味ない」から余計に怖い…上沼恵美子“女帝”たるゆえん

  8. 8

    ついに撤回運動…山手線新駅「高輪ゲートウェイ」変更は?

  9. 9

    お笑い界追放か とろサーモン久保田の“有名だった酒グセ”

  10. 10

    ロシア専門家が警鐘「北方領土問題進展は日本側の幻想」

もっと見る