すべて過剰…新海誠監督が語った「君の名は。」製作秘話

公開日:  更新日:

 今年ナンバーワンヒットメーカーのナマの声が聞けるとあって、会場は満員御礼、熱気ムンムンだった。大ヒット中のアニメ映画「君の名は。」を手がけた新海誠監督(43)が、音楽を担当したRADWIMPSのボーカル野田洋次郎(31)とともに開催中の「第29回東京国際映画祭」のトークイベントに登場。穏やかな口ぶりながら製作秘話を明かし、観客を大いに沸かせたのだった。

 たとえば、映画の題名は「洋次郎さんの言葉(歌詞)の中にタイトルになりそうな言葉があるんじゃないかと思っていた」と、まさかの“他人任せ”だったと告白。もっとも、「観客がぞわっと鳥肌が立つような作品が作りたかった。どう(物語を)組み立てるのかより、どう感じてもらえるか」「すべてが過剰。情報も美しさも観客が受け止めきれないぐらい過剰な作品が作りたかった」とも。

「大きな奇跡が起こるような映画が作りたかった。現実がハード過ぎるので、当初から願いがかなうハッピーエンドの作品が作りたかったんです」

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    女が嫌いな女3位 伊藤綾子が暗示する“におわせメッセージ”

  2. 2

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<上>

  3. 3

    悪いのは告発女性? バナナ日村「淫行」同情論への違和感

  4. 4

    安倍首相が怯える 近畿財務局“森友キーマン”証人尋問Xデー

  5. 5

    ファン心配…築地「吉野家1号店」営業終了で店長はどこへ

  6. 6

    メジャーGMも視察 加熱する菊池雄星争奪戦“禁じ手”の恐れ

  7. 7

    突然の引退劇…貴乃花親方“お涙頂戴会見”のウソ八百<下>

  8. 8

    スワロフスキー7500個「100万円ベビーカー」の乗り心地は

  9. 9

    「言論の自由がない」D.スペクターさん東京五輪狂騒に苦言

  10. 10

    大坂なおみが目指すWTAファイナル “超VIP待遇”の仰天全貌

もっと見る