大高宏雄
著者のコラム一覧
大高宏雄映画ジャーナリスト

メガヒット「君の名は。」 本当の偉業は“世界で興行20位”

公開日:

 今年の映画界の話題は、やはり「君の名は。」のメガヒットに尽きる。すでに興収205億円を超え、邦画では歴代2位、洋画を合わせても歴代4位の成績を記録。さらに驚くなかれ、上映は来年の春ごろまでの大ロングランになる見込みだという。

 個別の成績だけでなく、全体の年間興収も大きく牽引する。データが発表になった2000年以降では初めて、国内全作品の年間興収が2300億円を超える可能性も出てきた。

 日本ばかりではない。海外でもアジア中心に大健闘しており、とくに中国ではスタート3日間で約47億7000万円を記録。最終興収は未定だが、同国で公開された日本映画としては過去最高の成績になるともいわれている。

「君の名は。」の本当の凄さは、国内だけでなく海外でも尋常ではない興行になっていることだ。あるデータによると、16年に全世界で公開された作品中、現時点の累計の世界興収で20位にランキングされているというから驚きである。当然ながら、上位20作品は米映画がほぼ独占しているが、アジアでは中国映画1本と「君の名は。」の2本のみ。ただ、中国映画の1本は自国内の興収が大部分であり、海外でも支持されている「君の名は。」とは意味合いが異なる。

 日本映画は国内の市場だけを向いていると批判する声がある。たしかにその通りではあるが、「君の名は。」は、堂々と海外でも存在価値を示した。自国の市場を意識することは映画の持つ大きな特性であり、とても大切なことだと痛感した次第である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    「誰のおかげで飯食ってんだよ」同年代アイドルの怒声に…

  2. 2

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  5. 5

    稀勢の里“ガチンコ横綱”の限界…過信と疲労蓄積で自滅連敗

  6. 6

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  7. 7

    統計調査不正を逆利用 安倍首相がもくろむ政権浮揚プラン

  8. 8

    仏捜査のJOC会長の長男 竹田恒泰氏“父擁護”のトンデモ発言

  9. 9

    稀勢の里引退決断 歴代最低“36勝36敗97休”の不名誉記録

  10. 10

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

もっと見る