江角マキコ “その場しのぎ引退”で閉ざされた騒動風化の道

公開日:

「引退すりゃいいってもんじゃない」とネットがざわつくのも当然だろう。江角マキコ(50)のことである。

 23日、突然引退を表明。江角はすでに仕事はしておらず開店休業状態だったが、不倫や投資詐欺疑惑には一切ほっかむりしたまま。芸能評論家の肥留間正明氏が「引退したことで全てを肯定してしまった」とこう続ける。

「これ以上詮索されないよう沈静化を図ったつもりでしょうが、別居や不倫相手のことをご主人が話したとなると、夫婦関係の破綻は確実。子供もいる中でそこまで言うのは江角に対して恨み骨髄だったのではと考えられます。長嶋一茂宅の落書き事件、保護者会での問題、不倫、投資詐欺と次々マイナス面が明るみになり、江角は子供を盾に論点をズラすぐらいしか手段がなかった、ある意味追い詰められていたのでしょう。今後はマイナスイメージがついて回るので将来的には引退を撤回したとしても復帰は難しい。過去に仁科亜季子や大竹しのぶなどは不倫バッシングに負けず、仕事で評価をあげて騒動を風化させました。江角はむしろ仕事をがんばった方が得策だったと思います」

 男前で歯切れの良さがウリだったのに、築き上げたキャラも崩壊してしまったか。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    早とちり小池知事…都が鑑定の“バンクシー作品”には型紙が

  2. 2

    警察が運営阻止? 6代目山口組・高山若頭に早くも再逮捕説

  3. 3

    全豪OPで話題…大坂なおみが“スリム”になった深~い理由

  4. 4

    30歳適齢期は昔話 石原さとみ&深田恭子が結婚しないワケ

  5. 5

    したたか仏政府 ルノーとの経営統合要求で日産“強奪”狙い

  6. 6

    “年金博士”警鐘 支給年齢「68歳引き上げ」が意味すること

  7. 7

    劇的試合続くも外国人記者ソッポ…錦織圭はなぜ“不人気”か

  8. 8

    持ち家派も…定年後は限りなく“住居費負担ゼロ”を目指す

  9. 9

    年商200億円の深キョン新恋人 “ホコリだらけ”の女性遍歴

  10. 10

    やっぱり賃金は下がっている 虚飾の政権で沈む日本経済

もっと見る