江角マキコは“2歳”…業界の常識「年齢詐称」芸能人リスト

公開日:  更新日:

「今更“申し訳ない”といわれてもなぁ。“隠してた”というより“誰も興味がなかった”というのが正解じゃないのか」――芸能関係者にからかわれているのは演歌歌手の冠二郎(70)。24日、週刊誌の報道を受けて、自ら5歳サバを読んでいたことを告白し、「お騒がせして申し訳ない」と謝罪した。

 関係者がクビをひねるのは、発覚のタイミングだ。25日、80枚目の新曲「酒ものがたり」を発売するという。それだけに、「新手のプロモーション」「炎上商法」なんて声まで出ているのだ。

「だって、芸能界では年齢サバ読みなんて常識ですよ。デビュー時に“少しでも若い方がいい”と言って、事務所に押しつけられてしまう。最近はSNSが発達したから発覚するケースが相次いでいますが、森光子さんなんて紫綬褒章を受ける64歳になるまで、何十年間もずっと3歳サバを読んでましたからね」(芸能評論家・肥留間正明氏)

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    五輪イメージ悪化…安倍政権が描く竹田会長追放のシナリオ

  2. 2

    「史上最弱横綱」稀勢の里を生んだ“機能不全”横審の大罪

  3. 3

    NGT48メンバーは自宅に男が 地方アイドルが苦しむジレンマ

  4. 4

    「いだてん」低迷は想定内 NHK大河にクドカン起用の狙い

  5. 5

    「カープに恩義ある」引き抜きを断り続ける目利きスカウト

  6. 6

    長野以外にGベテランリスト漏れ 広島“ポロリ発言”の波紋

  7. 7

    「外交の安倍」どころか疫病神 日露、日韓、日米の無残

  8. 8

    経団連会長が転換 「原発どんどん再稼働」に飛び交う憶測

  9. 9

    次女コウキのデビュー遠因か…父・木村拓哉が漏らした本音

  10. 10

    小規模・家族経営を潰す安倍政権の時代錯誤な“新自由主義”

もっと見る