岡副麻希アナだけじゃない 女子アナたちの恥ずかしい誤読

公開日: 更新日:

 “色が黒すぎる女子アナ”で知られるフリーアナウンサー・岡副麻希(24)の誤読が話題だ。3日放送の「めざましテレビ」(フジテレビ系)で恵方巻きの話題が出た際、今年の恵方である「北北西」を「きたきたにし」と読んでしまい、スタジオは大爆笑。

 もともと天然キャラで人気に火がついた岡副アナだが、それでも視聴者からは<ここまで天然とは驚いた>などの声がネット上に相次いだほか、<これでアナウンサーなの?>と失笑するコメントも上がっている。しかし、女子アナの歴史をひもとくと、岡副アナレベルの誤読なんてかわいいものだ。

 元フジテレビの中野美奈子アナ(37)は局アナ時代、「左投左打」を「さとうさだ」と読み間違えた。おぎやはぎの矢作兼(45)が昨年1月、「バイキング」(フジ系)で共演していた岡副アナらにこのエピソードを披露するなど、テレビ界では伝説となっている誤読である。

日刊ゲンダイDIGITALを読もう!

最新の芸能記事

  • アクセスランキング

  • 週間

  1. 1

    竹内結子さん急死に深まる“動機”のナゾ…前日は家族団らん

  2. 2

    竹内結子さん自死 芸能界「理想と現実」の乖離が背景に?

  3. 3

    竹内結子さん突然の訃報で「産後うつだったのか?」の声

  4. 4

    立憲安住淳氏 国民目線でなければ政権から引きずり降ろす

  5. 5

    芦名星さん、三浦春馬さん…俳優を追い込む韓国との類似点

  6. 6

    阪神には行きたくない 糸井2世も敬遠する球団の構造的欠陥

  7. 7

    山崎育三郎「エール」に出待ちファン なっちとの私生活は

  8. 8

    竹内結子さん急死の謎 家庭と仕事の両立に金銭的な重圧も

  9. 9

    ボディコン姿で人気 元女子プロレスラー穂積詩子さんは今

  10. 10

    ザ・グレート・カブキさん 怪奇派レスラーは居酒屋を経営

もっと見る